副業でのコーチングの始め方と月収100万円ロードマップ

コーチングは新しい考え方や行動の選択肢を増やす上でとても大切なものです。

コーチングを仕事にしていきたいと考える人も増えてきました。

今回は副業としてコーチングを始めるにはどうしたら良いのか?収入0円から月収100万円を目指すためのロードマップを解説していきます。

目次

コーチングの副業の始め方

コーチングを副業として始めるには、次の5つのステップが重要です。

  1. コーチングの種類を知る
  2. コーチングスキルを身につける
  3. ペルソナ設定をする
  4. お客様の集客を行う
  5. 集客したお客様に対してコーチングする

5つのステップを踏むことで、コーチングの副業が実現しやすくなります。

自分がコーチングを受ける時に、どんなコーチを選びますか?

自分の悩みに合ったコーチングの中から、各コーチのサービス内容や実績を見て、信頼できそうな人に頼みたいと思うのではないでしょうか。

5つのステップで、自分が選びたいと思えるコーチになり、お客様に選ばれることで副業を実現していきましょう。

コーチングの9種類の把握

代表的な9種類のコーチングをご紹介します。

ライフコーチングキャリアコーチングエグゼクティブコーチング
英語コーチング部下育成コーチングメンタルコーチング
パーソナルコーチングビジネスコーチング子育てコーチング

コーチングは仕事に活かせるものから、子育てに活かせるものなど種類がたくさんあります。

自分がどのコーチングを目指せばいいのか迷ってしまう方も多いかもしれません。

どんなコーチングで活躍したいのか、どんな人の助けになりたいのかを考えてみると自分に合ったコーチングを副業にできるのではないでしょうか。

これからご紹介する9種類のコーチングの中で気になったものに目をとめてみましょう。

ライフコーチング

ライフコーチングは、お客様が理想の人生を送るために、目標達成をサポートするコーチングです。

人間関係や健康、お金など人生に関わる悩みを対象としています。

【こんなお客様が対象です】

  • 人生でやりたいことがわからない
  • 自分を変えたいけど1人で行動することが難しい
  • 理想の生活を送りたいけど何をすればいいのかわからない

理想の人生や叶えたい目標を書き出し、自己分析をしてお客様自身のことを把握します。

いつまでに目標を達成したいかゴールを設定し、現状と照らし合わせて必要な行動を決めるまでが基本の初回セッションです。

月1〜2回の頻度で継続してセッションを行い、行動の振り返りや達成までの進捗確認を目標達成まで繰り返します。

副業でライフコーチングをすると、コーチングスキル以外の専門スキルなしで、お客様が理想の人生を送るためのサポートができます。

キャリアコーチング

キャリアコーチングは、働き方に悩む人を対象に、お客様が本当にやりたい仕事を見つけるサポートをするコーチングです。

【こんなお客様が対象です】

  • 自分に向いている仕事がわからない
  • やりたい仕事がない
  • 転職するか悩んでいる

キャリアに関する悩みや現状を把握し、質問や自己分析シートを使って自己理解を深めます。

お客様の価値観や得意なこと、興味があることを引き出し、キャリアの方向性を決めたら、理想の働く姿をゴールとしたキャリアプランを設計することが重要です。

必要に応じて転職に向けた企業選びや履歴書添削を行い、お客様の理想の働き方を達成するまでサポートします。

キャリアコーチングをするには、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策などキャリア支援に関わる専門スキルが必要です。

本業で人材派遣や就職支援の経験があると副業として始めやすいです。

副業でキャリアコーチングをすると、キャリア支援スキルを活用し、お客様の理想の働き方をサポートできます。

エグゼクティブコーチング

エグゼクティブコーチングは、企業の社長や経営陣を対象に、社員のキャリアアップや経営がより良くなるようサポートするコーチングです。

【こんなお客様が対象です】

  • 経営のために客観的な視点がほしい
  • 経営陣の育成をしたい
  • あらゆる選択肢から最もよい決定をしていきたい

経営方針をもとに企業の悩み解決のゴールを決めることから始め、質問やアセスメントツールを使って企業の強みや改善点などを評価します。

※アセスメントツールとは、組織や人材を客観的な指標にもとづいて数値的に評価するツールです

評価をもとに今後の行動計画を立て、セッションの度に行動目標をもとに成果を評価しPDCAを繰り返します。

一連のコーチングを最低6ヶ月行い、最終的に目標を達成できたか客観的に評価して終了です。

その後はさらに継続するかの相談をしていきます。

エグゼクティブコーチングをするには、経営に関する知識や経験が必要です。

注意点として、企業の従来のやり方に従ってしまうと、客観的な視点を入れるエグゼクティブコーチングの効果が半減する恐れがあります。

企業風土にとらわれず、客観的にPDCAを行うことが重要です。

本業で経営コンサルタントの経験があると副業として始めやすいです。

副業でエグゼクティブコーチングをすると、企業全体の底上げや経営者をはじめとする社員のキャリアアップをサポートできます。

英語コーチング

英語コーチングは、英語学習の目標達成を個別にサポートするコーチングです。

【こんなお客様が対象です】

  • 短期間で集中的に英語力を身につけたい
  • 自分用のカリキュラムを組んでほしい
  • 1人では難しい自宅学習をサポートしてほしい

英会話スクールのように、共通したカリキュラムをこなしてもらうのではなく、個人の現状や求めるレベルにあわせて学習計画を立ててサポートします。

特に、2〜3ヶ月の短期集中型で英語力や英語学習の方法を身につけるようサポートするケースが多いです。

英語コーチングをするには、英語力、英語教育のスキルが必要です。

既に勉強してネイティブに英会話が出来る方は、副業として始めやすいかもしれません。

副業で英語コーチングをすると、英会話スキルを活用し、お客様の英語力アップをサポートできます。

部下育成コーチング

部下育成コーチングは、上司がコーチとなり、部下の能力や成長を引き出すサポートをするコーチングです。

【こんな方が対象です】

  • 部下に積極的に行動してほしい
  • 仕事の生産性を上げたい
  • 部下とコミュニケーションをとって信頼関係を築きたい

部下が主体的に行動できる社員に育つように上司がサポートします。

例えば、部下がどのように物事を考えているのか質問したり、部下の意見を認める姿勢を示します。

部下のスキルが上がるように課題を出す方法も有効です。

上司のアドバイスを押しつけず、課題に取り組む過程や姿勢を褒めます。

部下が主体的に行動できるようになることで仕事の生産性アップにも繋がります。

部下とのコミュニケーションを増やし、信頼関係を築き上げることも可能です。

メンタルコーチング

メンタルコーチングは、お客様の心をよい状態に保ち、目標を達成できるようにサポートするコーチングです。

【こんなお客様が対象です】

  • トラブルがあると動揺して動けなくなってしまう
  • 緊張すると息が苦しくなってしまう
  • 達成したい目標があるのに自信がない

メンタル面の悩みを抱えたお客様が対象となり、お客様が自分で感情をコントロールできるようにサポートします。

お客様が叶えたい目標を設定し、達成に必要な行動や感情がネガティブに揺れるきっかけを見つけます。

ネガティブに揺れそうになっても落ち込まないように行動を決めておくといったメンタルコントロール方法を学ぶことも可能です。

スポーツ業界やビジネス業界での人気が高く、いざという時に最高のパフォーマンスでいられるようにメンタルを磨き上げていきます。

お客様のメンタルを無理に引き上げるのではなく共感を繰り返すことで、お客様が自発的に前向きになるよう成長を促すことが重要です。

メンタルコーチングをするには、お客様に対応する業界(スポーツやビジネス)知識や心理学のスキルが必要です。

心理カウンセラーの資格がある方は、副業として始めやすいでしょう。

副業でメンタルコーチングをすると、自分のメンタルも磨きながら、お客様の心を安定させ目標達成をサポートできます。

パーソナルコーチング

パーソナルコーチングは、お客様個人の目標達成をサポートするコーチングです。

【こんなお客様が対象です】

  • 自分の強みを見つけたい
  • お金の管理が上手くできない
  • 恋愛関係で悩んでいる

ライフコーチングと同様、人生に関わる悩みを対象としています。

「パーソナル=個人」という意味から、団体ではなく個人が対象のコーチングの総称として扱われます。

お客様が、周りには話しにくい相談でも、第三者であるパーソナルコーチなら1対1でプライベートなことを話しやすい点が人気です。

コーチによってはお金のコーチングが得意、恋愛関係が得意、といった特徴があり、コーチングの種類によっては専門的な知識が必要です。

どのコーチングでも、お客様の悩みを書き出し、自己分析を行います。

悩み解決ややりたいことを達成できるように、行動設定と目標を明確にします。

お客様のモチベーションが下がらないように進捗も含めて管理することが重要です。

副業でパーソナルコーチングをすると、種類によっては専門知識を活かすことができ、お客様のプライベートなことに親身に寄り添い、解決するためのサポートができます。

ビジネスコーチング

ビジネスコーチングは、ビジネスマンなどの仕事上の悩み解決や成長の目標達成をサポートするコーチングです。

【こんなお客様が対象です】

  • 若手社員がキャリアアップしたい
  • 中間管理職がチームマネジメントのスキルアップを目指す
  • 経営者が経営の戦略的思考

個人事業主やフリーランスを対象に、ビジネスの成長やセルフブランディングなどのサポートをすることもあります。

ビジネスコーチングは、上司や先輩社員がコーチングスキルを習得してコーチングをする場合と、外部のコーチに依頼する場合があります。

最初に悩みを聞き、会社でどうありたいかやどんなことがしたいかなどの目標を明確にしておくことが重要です。

会社の現状を整理することにも有効です。

現状と目標のギャップを埋められるように行動目標を決め、目標達成に向けて社員を見守ります。

週1回ほど定期的にコーチングで振り返りを行い、行動目標をあらためたり、達成できたかどうかを確認します。

ビジネスコーチングをするには、キャリアアップやリーダーシップ能力、経営に関する専門知識が必要です。

本業が人事関係の方は、副業として始めやすいかもしれません。

副業でビジネスコーチングをすると、キャリアに関する専門知識を活かし、お客様の成長や社員同士のコミュニケーションがスムーズになるようサポートできます。

子育てコーチング

子育てコーチングは、親がコーチとして子どもの話を聞いたり、意見を引き出すことで子どもが積極的に生きられるよう手助けするコーチングです。

【こんな方が対象です】

  • 子どもに大人の価値観を押しつけてしまう
  • 親子関係が深められるか心配
  • 子どもには好きに生きてほしい

子どもの話を徹底的に聞くことが最優先です。

質問は「テストの結果はどうだった?」ではなく「テストをしてどう感じた?」というように子どもの感情に耳を傾けます。

子どもは自分の話を聞いてもらえると、安心して自分の意見や感情を出してくれるようになり、コミュニケーションが積極的にとれるようになります。

親子で認め合って、安心できる関係を築くことが重要です。

子育てコーチングをするにあたって、まずは親がコーチングを受けるケースもあります。

本業で保育士や教育などの資格や経験があると、親をコーチングする副業が始めやすいです。

子育てコーチングは、子どもの主体性を育て、親子のつながりを深められます。

コーチングスキルを身につける

コーチングを副業にする際、資格はいりませんが、コーチングスキルは必要不可欠です。

コーチングスキルを身につけることで、コーチの専門性と信頼性を高め、お客様と効果的なコミュニケーションをとることができます。

コーチングスキルを身につけるには、60時間以上の学習と100時間以上の実践が必要とされています。

この時間は、国際コーチング連盟のICF認定資格をとるための最低限の時間です。

国際コーチング連盟のICF認定資格(https://icfjapan.com/post/credentials/506

本業をしながらコーチングスキルを身につけるためには、時間を決めて書籍やYouTubeで知識をつけながら、オンラインスクールで実践的なスキルを身につけると効率的です。

オンラインスクールでは、自分のコーチングを講師がフィードバックしてくれます。

自分のコーチングを客観的にみて強みや改善点を発見することで、スキルが磨かれ、オリジナリティーのあるコーチングが見つかるかもしれません。

自分でコーチングを体験し、プロがどのような流れでコーチングを行っているのかもぜひ知っておきましょう。

ペルソナを設定する

ペルソナを設定することで、お客様目線でサービスの質を高められたり、お客様に響くセールスレターが書きやすくなります。

一方で、副業を始めたての場合は、あまり細かく設定しないほうがいいかもしれません。

はじめてペルソナを設定するのは難しく、的外れな設定になってしまうことがあるからです。

時間をかけてペルソナ設定をして作ったサービスが誰にも需要がないと悲しいですよね。

本来、ペルソナ設定は細かく設定するほどいいとされていますが、副業を始めたての場合は、あまり絞りすぎずに様子を見てみてはいかがでしょうか。

ペルソナ設定は定期的に見直しが必要なので、その都度設定を細かくしていく方法がおすすめです。

お客様の集客を行う

集客するには大きく分けて次の5つの方法があります。

SNSFacebookInstagramX
WebサイトHPブログ
クラウドソーシングココナラストアカ
セミナー開催zoom
異業種交流会オフライン

設定したペルソナがどんな場所で情報を得ているかに合わせて集客方法を選びましょう。

一般的にはSNSやWebサイトを使って宣伝しますが、副業初心者におすすめの方法があります。

副業初心者におすすめの集客方法は、ココナラ、ストアカ、Udemyといったプラットフォームで動画講座やセミナーを開くことです。

SNSやWebサイトでの発信は大切ですが、競合率が高く、副業初心者の宣伝の場合、競合の広告で埋もれてしまいます。

一方で、おすすめしているプラットフォームを使えば、運営側が宣伝してサービスに集客してくれます。

本業があり、時間が限られている中で自分で副業のすべての宣伝を担うのは、時間も労力もかかって大変です。

動画講座やセミナーからの集客をきっかけに、コーチングサービスを提供できると、時間を有効に使うことができますね。

集客したお客様に対してコーチング

集客したお客様に対して、次の5つのステップでコーチングします。

現状の確認お客様の現状やニーズをしっかり把握
ゴール設定お客様が達成したい目標を決定
課題の確認達成を妨げている原因を分析
行動計画の作成原因を取り除き、ゴール達成に必要な行動を計画
フォロー定期的にお客様の進捗を確認しながらフォロー

始めは緊張してしまうかもしれませんが、お客様に真摯に向き合い、お客様に満足してもらえるよう全力を尽くしましょう。

自分がコーチングを受けた時のコーチを思い出して、声がけやコーチングを進めるといいかもしれません。

副業でコーチングを行うメリット・デメリット

副業でコーチングを行うには、次のようなメリット・デメリットがあります。

メリットデメリット
資格がなくてもできる時間管理が必要
単価が高い知識やスキル獲得に時間がかかる
自分のスキルが活かせる学習のために自己投資が必要

それぞれ解説します。

副業コーチングのメリット

【メリット1】資格がなくてもできる

副業コーチングは、コーチングスキルがあれば、資格がなくても始めることができます。

コーチングの資格は、すべて民間資格です。

民間資格は個人や団体が自由に作成できるため、コーチングの民間資格も複数存在します。

一方、お客様からみると、どの資格を持っていればどんなスキルがあるのかは全くわかりません。

企業がお客様の場合は資格を提示するよう求められることもありますが、資格がなくても高収入で働いているコーチはたくさんいます。

【メリット2】単価が高い

副業コーチングは単価が高く、相場は10,000〜50,000円とされています。

1セッション(60分)平均10,000円

実績を積み、宣伝効果があれば、1セッションで30,000円や50,000円と単価を上げていくことが可能です。

専門性のあるベテランコーチングの場合、1セッション100,000円の方もいます。

【メリット3】自分のスキルが活かせる

コーチングは、本業のスキルを活かしやすい副業です。

例えば、本業で人材派遣会社や就職支援窓口をしていた場合、コーチングスキルを身につければ、キャリアコーチングとして副業を始めることができます。

自分のスキルが活かせることで、副業を比較的早く始められ、専門性のあるコーチとして収入が多く得られやすいです。

副業コーチングのデメリット

【デメリット1】時間管理が必要

本業がある分、学習時間も副業時間も限られてしまいます。

そのため時間管理を徹底する必要があります。

スキマ時間を見つけたり、時間を決めて取り組むことが重要です。

【デメリット2】知識やスキル獲得に時間がかかる

あくまで目安ではありますが、コーチングスキルを身につけるには、60時間以上の学習と100時間以上の実践が必要とされています。国際コーチング連盟のICF認定資格(https://icfjapan.com/post/credentials/506

苦労する点は、100時間以上の実績です。

コーチングをさせてもらえる相手を見つけて実践を積む必要があり、周りの人に声をかけたり、コーチング仲間を作ったりして、時間を調整していかなければいけません。

早くコーチング副業を始めたくてもこの時点で挫折してしまう可能性があります。

【デメリット3】学習のために自己投資が必要

コーチングの知識やスキルを獲得するためには、書籍の購入や自分が受けるコーチング代、オンラインスクール代がかかってきます。

すべて独学で節約することが出来るかもしれませんが、質のいいコーチにコーチングをしてもらうことや、講師や仲間がいない中での独学には限界があるかもしません。

副業の場合、本業に時間を費やさなければいけないため、副業の学習のために時間をさくことが難しいです。

限られた時間の中で、副業を始めるためにはオンラインスクールに入ることになりやすく、結果自己投資が必要になってきます。

コーチング副業の収入の目安

コーチングの収入は、他の副業と比べて単価が高く、高収入です。

自分で価格を設定できるうえに、需要が高いため高収入になるケースが多く、副業でも年収1000万円を超える場合もあります。

副業をはじめたての場合は、集客の難しさから伸び悩むこともありますが、継続し改善することで収入を増やすことが可能です。

今回は代表的な収入の目安をご紹介します。

コーチングの料金は1時間いくら?

コーチングの料金は、平均で1時間10,000円が目安とされています。

1セクションあたりの平均収入10,000円で月収を計算しました。

※提供するサービス内容やスキル、実績によって異なりますので、その点はご了承ください

1セッション(60分)1日対応件数土日のみ稼働の月収
10,000円~2件月収160,000円~

人によっては、平日にもコーチングを行う場合もあるので、さらに多くの収入を得ることが可能です。

1セッション(60分)1日対応件数平日のみ稼働の月収
10,000円~1件月収200,000円~

集客が上手くいき、平日1件コーチング対応ができると月収200,000円が可能になり、土日も合わせて稼働すると合計で360,000円収入を得られます。

実績を積んだり宣伝やレビューが増えると、さらに単価を上げることができ、1セッションで30,000円や50,000円、専門スキルがあればさらに上を目指して料金設定が可能です。

どんどん価格を上げすぎてお客様が離れないよう、料金設定はペルソナ設定の収入や市場の動きを考慮したうえで決定しましょう。

集客費用を抜いた平均的な利益額

コーチングを副業で行う場合の利益額は、売上から集客費用を差し引いた分がまるまる手取り額になります。

コーチングの集客費用とは、広告費やWebサイトの運営費が該当します。

(例)        ※他にシステム利用料(zoomや予約システム)がかかる場合もあります

月売上200,000円  集客費用(Webサイト運営費)月1,000円  利益額199,000円

コーチングの場合、商品を仕入れたり店舗設備を整える必要がなく、一般的なビジネスよりも利益率が高いです。

コーチングの平均的な利益額は個人差が大きいですが、仮に次のような広告費を支払った場合の利益額を計算します。

(参考)

広告費1ヶ月
Webサイトサーバーレンタル1,000円
リスティング広告20,000~30,000円
SNS広告20,000~30,000円
合計41,000円~

(例)

月売上200,000円  集客費用(Webサイト運営費)月41,000円  利益額159,000円

費用対効果の見込める広告を出すことで利益額を高めることが可能です。

利益額を増やしたい場合は、収益管理や経費削減を徹底する必要があります。

効率的な集客と運営管理を行うことで、安定した利益を得ることができるでしょう。

コーチングで稼げない人の特徴と注意点

コーチングで稼げない人の特徴は次の3点です。

集客ができていない
単価を上げることができない
コーチング自体を怪しまれている

認知度がない状態で黙って待っていてもお客様は来てくれません。

コーチングの必要性やコーチである自分自身の信頼性を証明しつつ、集客を行ってやっとお客様は来てくれます。

集客をしていてお客様がついているのに稼げていない場合は、単価を低くしすぎていることが稼げない原因です。

それぞれ解説していきます。

お客様が集客できない

コーチングで稼げない人の多くは、お客様を集客するための戦略が練られていないか、方向性を誤っている可能性があります。

効果的なマーケティングや宣伝活動が足りず、お客様を獲得できないことも多いです。

集客のコツは、次の4つです。

  • ペルソナ設定の見直し
  • 提供するサービスの市場調査
  • 他コーチとの差別化(オリジナリティー)
  • SNSやWebサイトでの認知度向上

集客には時間がかかるため、早めに取り組むことと根気よく継続的に宣伝することを念頭に置きましょう。

ペルソナ設定を見直したり提供するサービスの市場調査を行ったりすることで、お客様が本当に求めているものが見えてきます。

コーチング副業は、高収入や資格が不要な面で競争率が高いため、オリジナリティーをアピールすることも集客のカギといえます。

宣伝数や営業数も必要になってきますが、むやみに数をこなすよりは、SNSやWebサイトで有益な情報を発信しましょう。

お客様からの信頼が得られるような発信と質の高いサービス提供を心がけることで、集客に繋がります。

単価を上げることができない

単価が低い状態で多くのお客様を抱えてしまい、今になって単価を上げることができないということがあります。

特に副業を始めたばかりだと実績が少ないからと、価格を下げてサービス提供をすることもありますが、大きく下げすぎてしまっているケースです。

単価を上げることができない場合、収益を増やすことが難しくなり、疲弊してモチベーションも下がってしまいます。

お客様に、より質の高いサービス提供ができるよう自分のスキルや価値を高め、成果が出たら適切な価格を設定するようにしましょう。

単価を上げるときは、既存単価のサービスはしばらく残しておき、徐々に受注を減らし高単価サービスへ移行していくことがおすすめです。

ただ単価を上げることを目的に実績を積んだりスキルアップするのではなく、お客様の目標達成を必ず叶えることを目的に、スキルアップと単価上げをすることを忘れないようにしましょう。

コーチング自体が怪しいと思われてしまう 

コーチングは、1970年代にアメリカの心理学者ルー・タイス氏が考案したもので、決して怪しいものではありません。

日本でコーチングの浸透が薄いことや、コーチングはお客様の内面や未来に向けてサービス提供を行うため、コーチングをした効果が目に見えないことが、怪しいと思われる要因かもしれませんね。

コーチング自体や自分のコーチングが決して怪しいものではないことが伝わるには、どうすればいいでしょうか。

例えば、次のどちらのコーチングが怪しくないか(信頼できるか)比べてみましょう。

AコーチBコーチ
顔写真顔写真あり顔写真なし
プロフィールキャリアコーチ現役:転職エージェントキャリアコーチ
サービス転職後もサポート!理想の働き方を実現しますあなたのキャリア叶えます
レビュー★★★★★(12件)☆☆☆☆☆(0件)

パーソナル情報が詳しく載っていたり、レビューがあるAコーチの方が、信頼性を感じてサービスを受けやすいですね。

コーチングが怪しいものではないと証明するには、自分のプロフィールを明確にしたり、コーチングを受けてくれたお客様にレビューを書いてもらいましょう。

コーチングの資格の有無で収入って変わるの?

コーチングは資格の有無によって、年収約60万円の違いが生まれます。

コーチングは資格がなくても十分収入を得て働けるお仕事です。

一方で、企業のお客様は資格を重要視するケースもあります。

個人のお客様でも、資格があると専門性や権威性を感じて安心だと思う方もいるかもしれません。

もちろん集客がどれくらいできるか、他コーチとの差別化やコーチングの種類によって収入は大きく異なるため、資格の有無で年収約60万円の違いは目安にすぎません。

人によっては、資格を持っているほうが信頼性が高まり、より多くの顧客獲得のチャンスが広がるため、収入が高い傾向にあります。

ライフコーチで稼ぐための具体例を紹介

ライフコーチを副業とした場合の収入をご紹介します。

ライフコーチングは、専門スキルは必要ありませんが、お客様には実績で見られるため、早めに実績数をこなしておくと新規受注の信頼を得られます。

1対1のコーチングをメインに副業し、広告や宣伝活動で集客が上手くいっている場合は次のような収入になります。

お客様1人あたり(月に2回セッションを行った場合)

1セッション(60分)セッション数1人あたり収入
10,000円2回20,000円

お客様10人の場合(月に20回セッションを行った場合)

1人あたりの収入お客様の数広告費月収
20,000円10人(30,000円)170,000円

(月収200,000円 ー 広告費30,000円 = 170,000円)

副業で限界まで稼働した場合(お客様36人・72回セッション)

1セッション
(60分)
平日対応件数
(1日2件)
土日対応件数
(1日4件)
広告費月収
10,000円10件8件(50,000円)670,000円

(月収720,000円 ー 広告費50,000円 = 670,000円)

1対1のセッションの場合、お客様を抱える数に限界がありますが、副業として稼働した場合でも手取りで670,000円得ることができます。

お客様を抱える数が増えるほど、稼働時間が増えてしまうため、生活リズムが崩れ体調を崩したり本業に影響が出てしまうかもしれません。

自分の生活スタイルに合った副業方法を見つけて集客やコーチングをしていきましょう。

キャリアコーチで稼ぐための具体例を紹介

キャリアコーチを副業とした場合の収入をご紹介します。

キャリアコーチングは専門性が高いため単価が高めです。

お客様にも実績だけでなく専門性もみられるため専門性の高さをアピールしたり、日々キャリア市場に合わせたスキルアップが必要になります。

1対1のコーチングをメインに副業し、広告や宣伝活動で集客が上手くいっている場合は次のような収入になります。

お客様1人あたり(月に4回セッションを行った場合)

1セッション(60分)セッション数1人あたり収入
40,000円4回160,000円

お客様10人の場合(月に20回セッションを行った場合)

1人あたりの収入お客様の数広告費月収
160,000円10人(30,000円)1,570,000円

(月収1,600,000円 ー 広告費30,000円 = 1,570,000円)

副業で限界まで稼働した場合(お客様36人・72回セッション)

1セッション
(60分)
平日対応件数
(1日2件)
土日対応件数
(1日4件)
広告費月収
40,000円10件8件(50,000円)2,830,000円

(月収2,880,000円 ー 広告費50,000円 = 2,830,000円)

1対1のセッションの場合、お客様を抱える数に限界がありますが、副業として稼働した場合でも手取りで2,830,000円得ることができます。

専門性が高く転職需要があると専門スキルは必要ですが、高収入につながります。

副業ではなく専業になるか悩むほどの収入になりますね。

転職業界の市場調査や専門スキルを日々磨く必要があるため、情報収集や学習のための時間を確保が必要です。

お客様の数や日程が詰まりすぎていないか気にかけておきましょう。

コーチングで100万円を稼ぐロードマップ

コーチングで100万円を稼ぐには、段階を踏んで確実にステップアップしていくことと継続的な努力が必要です。

新規顧客獲得から高単価サービス提供までのロードマップを知り、実践していきましょう。

具体的なロードマップを20万円、50万円、100万円の3つのステップで紹介します。

0から20万円稼ぐためのステップ

まずは実績を積むことが重要です。

実績を積むために単価を低めに設定します。

単価が相場より低いと新規顧客を獲得しやすくなります。

「体験会割引につき半額でご提供」として5,000円で提供すると「本来なら10,000円相当のサービスなんだな」とサービス品質を保ちつつ、後に正規価格として10,000円に上げやすくなっていいかもしれません。

ココナラやストアカを使ってサービス提供を行ったり、自分のサービス市場のある場所で積極的に営業を行いましょう。

月収20万円を獲得するには、単価が低い分セッション数を増やさなければいけません。

平日1件×5日、土日に3件×2日の稼働で44回セッションが必要です。

44回セッションを行えば、広告費を差し引いても20万円を達成することができます。

1対1で単発のコーチング(お客様44人・44回セッション)

1セッション
(60分)
平日対応件数
(1日1件)
土日対応件数
(1日3件)
広告費月収
5,000円5件6件(20,000円)200,000円

(月収220,000円 ー 広告費20,000円 = 200,000円)

20万円から50万円稼ぐためのステップ

20万円稼げるようになると、実績が増えてきましたね。

次は単価を低価格から相場価格にすることとリピーターを増やすことに取り組みます。

単価を体験価格の5,000円から相場価格の10,000円に設定します。

月収50万円を獲得するには、50セッション以上必要なため、20万円のときよりもセッション数を増やすことになります。

セッション数をすべて新規顧客で増やすのは難しいため、サービス品質を上げたり、セッション終了時に次回の予約を取り付けたりとリピーターを獲得することを意識しましょう。

56回セッションを行えば、20万円よりも力を入れた広告費を差し引いても20万円を達成することができます。

1対1で単発のコーチング((お客様:新規40人・リピーター16人)・56回セッション)

1セッション
(60分)
平日対応件数
(1日2件)
土日対応件数
(1日2件)
広告費月収
10,000円10件4件(60,000円)500,000円

(月収560,000円 ー 広告費60,000円 = 500,000円)

50万円から100万円稼ぐためのステップ

50万円稼げるようになると、実績も信頼性も担保されます。

今回目標である月収100万円を目指すには、今までのサービスは継続しつつ、高収入層を狙った高単価サービスを作ります。

リピーターの中には、今まで育ててきた信頼性から「もっといいサービスがあれば受けたい」と思ってもらえるかもしれません。

高収入層へのサービス単価は、1セッション30,000円です。

今までの10,000円のサービスからかけ離れ過ぎず、少し高めの相場価格で設定しています。

月収100万円を獲得するには、既存サービスを継続しつつ、新規サービスの獲得を狙います。

既存コーチング((お客様:新規20人・リピーター11人)・31回セッション)

1セッション
(60分)
平日対応件数
(1日1件)
土日対応件数
(1日1~2件)
広告費月収
10,000円5件1~2件(60,000円)250,000円

(月収310,000円 ー 広告費60,000円 = 250,000円)

新規コーチング(お客様:新規28人)・28回セッション)

1セッション
(60分)
平日対応件数
(1日1件)
土日対応件数
(1日1件)
広告費月収
30,000円5件2件(90,000円)750,000円

(月収840,000円 ー 広告費90,000円 = 750,000円)

収入を上げていくには、段階を踏んで成長していくことが重要です。

実績と信頼性を担保し、自分のコーチングスタイルが決まってくる新規サービスを考えやすくなります。

副業でも稼働できるセッション数でご紹介しています。

月収100万円を目指して継続した努力を積んでいきましょう。

Q &A

コーチング副業に関する質問と回答をご紹介します。

コーチングを副業として考えている人の疑問にあてはまるのではないでしょうか。

具体的なアドバイスや注意点を回答しています。

疑問を解決することで、コーチング副業を始めやすくなりますので、参考にしてみてください。

コーチング副業はどのような人に向いていますか?

コーチング副業に向いている人は、お客様の成長を心から喜び、お客様に寄り添って問題を解決したいと思える人です。

コーチングスキルの獲得に時間がかかることから、学習意欲が高く、時間管理が得意な人も向いています。

コーチング副業でやってはいけないことは何ですか?

コーチング副業でやってはいけないことは、お客様にアドバイスしたり、過大に自分の経験を語ったりすることです。

アドバイスをしてしまうと、お客様がコーチに依存してしまう可能性が出てきます。

お客様の中にある言葉や感情を引き出せるよう、傾聴と共感に徹することが大切です。

コーチが自分の経験を話すことでお客様が意見を言い出しやすくなるケースもありますが、自分の経験を語りすぎないようにしなければいけません。

お客様が本来目指すべき目標を見失わないよう注意しましょう。

まとめ

副業としてコーチングを始めるための具体的な解説や稼ぐポイント、0から月収100万円を目指すロードマップについて解説しました。

正しい知識とスキルを身につければ、資格なしで高収入を狙える点がコーチングを副業にする最大のメリットです。

自分が提供できるサービスを作り、徐々にサービスの質を向上させましょう。

広告や営業に力を入れることで理想の収入を得られる可能性が一気に高まります。

お客様と真摯に向き合うことを忘れず、お客様の目標達成に貢献できるよう努めることが信頼されるポイントです。

100万円までのロードマップやデメリット、疑問の解決策を知り、コーチング副業の準備をしていきましょう。

副業でコーチングを始めることで、自分のスキルを活かして収入を増やし、柔軟な働き方を実現できますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次