コーチングの資格はユーキャンでは取れないって本当?

コーチングは国家資格や公的資格がありません。

民間企業が発行する民間資格のみとなりますが、ユーキャンでは民間資格は取れるのでしょうか?

これから、ユーキャンでコーチングの資格の取得を考えている人が知るべき注意点について解説をします。

また、おすすめの民間資格についても解説しますので、あなたがこれから取得すべき資格が見えてきます。

目次

コーチングと研修の違いについて

コーチングと研修の違いは、「答えを教える人」なのか、「答えへの気付きを与える人なのか」です。

コーチングとは、コーチングを受ける人自身が、自らの目標達成に向けて解決策を見つけられるよう、気付きを与えたり、自発的な行動へと導きます。

一方、研修とは、知識やスキルを身につける為に、講座や勉強会に参加し、講師から学ぶという流れを研修といいます。 

認定資格がもらえるコーチング講座

認定資格がもらえる資格はたくさんありますが、目的別で取得する資格が変わります。

  • 国際コーチング連盟(ICF)認定資格
  • ICF認定の資格
  • その他スクールの資格

プロコーチや、コーチングをビジネスにしたいと考えている方は

⇒国際コーチング連盟(ICF)がおすすめです。

国際コーチング連盟(ICF)は、国際的にも信頼と知名度があり、資格取得に大切なプログラム(Level1〜3)をしっかり受講することができます。

資格は3種類あり、

  • ACC(アソシエート認定コーチ)
  • PCC(プロフェッショナル認定コーチ)
  • MCC(マスター認定コーチ)

と、あります。

まずは基礎レベルのACC(アソシエート認定コーチ)を目指しましょう。

国際的には考えていないが、コーチングを学び、資格を取得したいと考えている方は

⇒ICF認定の資格がおすすめです。

ICFから認定を受けている他のスクールがいくつかあり、資格は独自で発行しています。

取得条件はさほど厳しくないため、国際コーチング連盟(ICF)よりも、短時間で資格を取得できます。

コーチングを学びたい、比較的安く資格を取得したい、と考えている方は

⇒その他スクールの資格がおすすめです。

ICFから認定を受けておらず、コーチングスクールが独自で発行している資格を取得できます。スクールにもよりますが、比較的安く、短時間で取得できるでしょう。

ユーキャンの研修について

ユーキャンの研修では、コーチングをするうえで必要なマインドや、1on1ミーティングでのポイント、コーチングの実践スキルをeラーニングで学べます。

動画学習やテストが全部で4ステップあり、短期間でスキルを習得することができるのです。

以下に当てはまる方は、ユーキャンの研修で学ぶことができ、指導者として、部下をより適切な方向へと導けるスキルを身につけることができます。

  • 部下を育てて自立させたい
  • 部下のモチベーションを上げたい
  • 1on1ミーティングをうまく進めれるようにしたい
  • コーチングについて勉強したい

ビジネスにはせず、日常的に活かしたいだけであれば、ユーキャンの研修で十分コーチングを学ぶことが可能です。

コーチングの資格はユーキャンでは取れないので注意

ユーキャンはeラーニング形式でコーチングを学ぶことはできますが、民間企業が発行している認定資格は取得することはできません。

ですが、コーチングにおいての必要スキルは、ユーキャンの講座で充分身につきます。

では、どういったコーチングの講座があるのか、解説していきましょう。

人財育成(コーチング)講座(eラーニング研修)

人材育成(コーチング)講座(eラーニング研修)は、基本編と応用編のそれぞれ第6章と確認テストで構成されている講座です。費用は11,000円で受講ができます。

修了認定テストが最後に受けられるので、テストの合格が目標です。

講義内容は全動画は21本(2時間30分)で構成されており、テストやワークなどを活用して知識の定着状況の確認ができます。

管理職やマネージャーの役職の方には、部下の育成において、おさせておかなければならない大事なスキルを身につけることがでるでしょう。

具体的には以下の3つのスキルを身につけるのに役立ちます。

  • 自立した部下を育てることができるようになる
  • 部下のモチベーションを高めたい
  • 1on1ミーティングが上手くなりコミュニケーション力が上がる

時間がない方でも、隙間時間で取り組みやすい講座となっているので、コーチングに興味がある方は受講をおすすめします。

コーチ養成研修

コーチ養成研修は、マインドの仕組みと使い方、コーチに必要なマインド、コーチに必要なスキル、コーチングのサイクルで構成されている講座です。

コーチングにおいて必要とされるスキルを網羅的に学ぶことができ、最後にはロールプレイングをおこない、セッションを実践できます。

その場で講師からのフィードバックもあり、多くの気づきを得られることがメリットです。

研修時間は1日6時間程度で、オンライン、または対面(貴社または借会議室等)で受けることができます。

開催場所によっては対応していなかったり、開催場所が遠方となる場合は、講師の方の交通費や宿泊費等は受講者の負担になるそうです。

開催人数は8名〜で、対象者は管理職(課長・部長)だが、もちろん他の階層の方も受講できます。

部下や後輩の育成はもちろん、1on1での進行や、自身のパフォーマンスアップにもつながります。

具体的には以下の3つのスキルを身につけるのに役立ちます。

  • 管理職の育成力を高めたい
  • 精神論ではなく科学的な理論を伝えたい
  • 予算は抑えたいが、質にはこだわりたい

研修後も、定着にむけたアフターフォローや、アクションプランの提案をしています。

育成についてお悩みの方は、まず、気軽にお問い合わせしてみることをおすすめします。

セルフコーチング研修

セルフコーチング研修は、マインドの仕組み、ゴール(目標)設定のポイント、ゴール達成マインドの作り方、ゴール設定の注意点で構成されている講座です。

自身のポテンシャルを、最大限に引き出すためのカリキュラムになってます。

目標を達成するためのマインドを、脳科学の視点から学ぶことができ、またどのように行動すれば達成につながるのかをしっかり学べるのがメリットです。

研修時間は1日6時間程度で、オンライン、または対面(貴社または借会議室等)で受けることができます。

開催場所によっては対応していなかったり、開催場所が遠方となる場合は、講師の方の交通費や宿泊費等は受講者の負担になるそうです。

開催人数は8名〜で、対象者は若手社員・中堅社員だが、もちろん他の階層の方も受講できます。

自身のパフォーマンスアップ、さらなるキャリアアップにおいて、おさせておかなければならない大事なスキルを身につけることがでるでしょう。

具体的には以下の3つのスキルを身につけるのに役立ちます。

  • 若手社員の主体性が弱く感じる
  • 精神論ではなく科学的な理論を伝えたい
  • 予算は抑えたいが、質にはこだわりたい

研修後も、定着にむけたアフターフォローや、アクションプランの提案をしています。

育成についてお悩みの方は、まず、気軽にお問い合わせしてみることをおすすめします。

ユーキャンは研修は受けられるが、認定資格はもらえない点を完全解説

ユーキャンでは、コーチングの研修を受けることはできますが、民間企業が発行しているコーチングの認定資格は取得することはできません。

なぜなら、資格をとることで自分の能力を証明し、信頼してもらうことができるからです。

コーチを探しているクライアントは、コーチングをどこで学び、どれほどの実績がある人なのかという情報をもとに、コーチングの依頼をします。

なので実際は、コーチングの資格があり、実績がある人を選ぶことが多いでしょう。

コーチングの資格のおすすめ

コーチングをどんな場面で使うかで取得するべき資格が変わってきます。

場面で分けて、いくつかおすすめの場所を紹介します。

ジャンル資格特徴詳細
国際ICF国際コーチング連盟ACC経験を積んだコーチのための資格【難易度】低〜中【コーチング時間】最低100時間【トレーニング時間】最低60時間
ICF国際コーチング連盟PCC国際的に認められた実績があるコーチのための資格【難易度】低〜中【コーチング時間】最低500時間【トレーニング時間】最低125時間
ICF国際コーチング連盟MCC国際的に認められた熟練のプロフェッショナルなコーチのための資格【難易度】高い【コーチング時間】最低2500時間【トレーニング時間】最低200時間
ビジネス銀座コーチングスクール・料金プランは目的に合わせて選べる・対面でもオンラインでも受講が可能・国際コーチング連盟の認定資格取得が可能【取得までの期間】・レギュラークラス40時間・国際資格取得コース74時間【流れ】・レギュラークラスクラスA~クラスDで選び受講+認定試験・国際資格取得コースクラスJ~クラスLで選び受講+メンターコーチング+レベル1修了実技評価
キャリカレ・2つの資格が取得できる・日本最多クラスのコーチング実績を誇る渡部先生が全面監修・オンラインでも可能【取得までの期間】3ヶ月【取得までの流れ】・テキストでの基本学習・動画学習・キャリカレノートで要点整理・添削、確認問題を解く【取得資格】・JADP認定 ビジネスコーチ®資格・JADP認定 エグゼクティブコーチ®資格
コーチ・エィ・日本語のプログラムで初めて国際コーチング連盟(ICF)認定を受けたプログラム・体系的で実践的なプログラム・様々な業界で活躍する仲間やプロコーチとともに学べる【取得までの期間】11ヶ月以上【取得までの流れ】・リーダー向けコース1~20までのカリキュラム・プレミアムコース1~30までのカリキュラム
生活Udemy・オンライン動画コース・学習期間の期限なし・資格は取得できない・受講後は講師が海外大学で発行していたコーチング基礎修了証がもらえる※『部下・新人をいち早く成長させる人材育成法』【総時間】5時間14分【セクション数】9つ【レクチャー数】65個
子育てキャリカレ・子どもに「自分で考える力」「周りと協働できる力」などを身につけさせるコーチングスキルを習得できる・6歳~18歳までの子どもをコーチングするための専門知識・オンラインでも可能・プロのコーチング講師として活躍する石川尚子先生が監修、指導【取得までの期間】3ヶ月【取得までの流れ】・映像講義・4つのパートに分かれた副教材学習・講座終了後、資格を取得【資格取得】JADP認定チャイルドコーチングアドバイザー®資格
健康ヘルスコーチジャパン・ACC・PCC・MCC受講できる・3年間受け放題・いつでもスタートできる・全てオンライン【取得までの期間】最短8か月(8~12ヶ月)【取得までの流れ】・Step1~5まで受講・ACC修了認定試験
心理的CPC一般社団法人コーチング心理学協会・オンラインを活用したコーチング講座・2つの資格が取得できる・心理学の理論×実践に基づいた学習内容・ゲーム手法やアクティブラーニングと最新の教育プログラム【プログラムと流れ】・必修プログラム2つ+選択必修プログラム・各認定資格を取得・資格申請・審査・合格(資格の取得)【取得資格】コーチング心理士を取得すると、一般社団法人コーチング心理学協会「認定プロフェッショナルコーチ」資格もあわせて取得できる

このように海外向け、ビジネス向け、日常生活向け、子育て向けと、どこでコーチングを使いたいかによって取得する資格も場所も変わってきます。

コーチング資格の費用について

費用は、場所や取得する資格によって全く異なります。

自分に合う資格を、確認しましょう。

ジャンル資格費用
国際ICF国際コーチング連盟ACCICF資格申請費用は、約300米ドルだが、スクールで費用が異なります。
ICF国際コーチング連盟PCCICF資格申請費用は、約300米ドルだが、スクールで費用が異なります。
ICF国際コーチング連盟MCCICF資格申請費用は、約300米ドルだが、スクールで費用が異なります。
ビジネス銀座コーチングスクール224,200円
キャリカレ7,8800円
コーチ・エィ・リーダー向けコース1,100,000円・プレミアムコース1,650,000円
生活Udemy21,800円※セールを開催しているときがあり、セール中だけ最大95%OFFでコースを購入できます。驚愕の安さで目を疑いますが、かなり安くコーチングが学べるので、時期をうかがって学び始めるのもいいかもしれません。
子育てキャリカレ78,800円
健康ヘルスコーチジャパン418,00円
心理的CPC一般社団法人コーチング心理学協会22万円+33000円(認定審査費用)

コーチングに必要な3つのスキルは?

コーチングには、「傾聴」「質問」「承認」の3つの必要なスキルがあります。 

概要
傾聴相手の話をきいて肯定をし、安心感を与えて、信頼や絆を深めるスキルです。
質問コーチングの中で特に重要なスキルと言われています。相手自身に、問題解決へ向けた具体的な行動を気付かせて、導き出すスキルです。
承認相手の話を聞き、認めて、受け止めてあげるスキルです。相手の自己肯定感を高め、モチベーションアップにつながります。

傾聴

傾聴とは、相手のはなしを、相手の立場になって、共感しながら理解しようとすることです。

自分が「話す」よりも、相手のはなしに関心をもって聞いてあげることが大切になります。

好き嫌いの評価をせず、否定もせず、関心をもって聞くことにより、相手は心を開いてくれるようになります。傾聴することによって、相手の新しい可能性が見えたり、抱えている問題への解決策をみずから導き出せたりするからです。

相手の話をしっかり聞くことができれば、あとの「質問」や「承認」がしやすくなるので、傾聴はコーチングにおいて大事な入口となります。

質問

質問をすることで、相手の中にある答えを引き出せるように、サポートをするスキルです。

ただ質問をするのではなく、『オープンクエスチョン』・『5W1H』を使い、質問していきます。

『オープンクエスチョン』とは、「はい」か「いいえ」で答える質問ではなく、自由な回答を相手に求めることです。

オープンクエスチョンによって、会話を広げることができ、相手側に考えて、アクションを起こしてもらうこともできます。

『5W1H』とは、「いつ、どこで、誰が、何、なぜ、どうやって」をつかい質問をしていくことです。

5W1Hに沿って聞くことで、相手は自ら考え・気づき・成長できる機会を得ることができます。

たとえば、相手の話をしっかり聞き、受け入れ、共感したうえで「〇〇が達成出来たらなにがしたいだろう?」「では、どうすれば〇〇ができるようになるだろう?」と質問をします。

すると相手は、自身の目標達成に向けて、具体的な行動を考えることができるので、わくわくするイメージとともに、解決策へと導き出せるということです。

ただ、相手に対して的確な質問でも、タイミングや聞き方を間違えてしまうと、精神的に追いつめてしまったり、不快に思われてしまいます。

質問をするにはまず、「相手のはなしを聞き、受け入れ、共感すること」がとても大事です。

承認

コーチングでの承認とは、「相手の存在を認めてあげること」です。

相手の存在をみとめて、言葉にしてあげることで、相手は「自分のことを認めてくれたんだ」と安心感がうまれます。

結果の評価だけでなく、結果までの過程も承認してあげることが大事です。

たとえば、上司が部下に承認してあげることで、部下は今までの頑張りを認めてもらえた嬉しさと、「ちゃんと自分のことをみてくれているんだ」という安心感を与えることができます。

「認める」・「ほめる」・「言葉にして伝える」ことで、相手の自己肯定感を高め、モチベーションアップにもつながる大事なスキルです。

コーチングに必要なスキルがあれば資格は必要ない?

日常生活で役立てたいだけであれば資格は必要ありません。

コーチングをおこなう際、資格がないからと言って、コーチとして認められないわけではないからです。

たとえば、「部下の育成」・「1on1でスムーズに行進したい」など、日々の仕事で活かしたいのであれば、資格を取得する必要はありません。

ですが、コーチングを仕事にしたいのであれば、資格は必須と言えます。

なぜなら、仕事の依頼を得るためには、信頼がとても重要になってくるからです。

クライアントは、コーチングを依頼する際、どこでどのように学び、過去の実績はいくつあるコーチなのか、を重要視します。

資格は、信頼してもらうための証明になるので、自分にあうコーチングの資格を取得し、たくさんの実績を積みましょう。

コーチング講座と通信・オンライン講座について

コーチング講座は、対面で学ぶことのほかに、Udemyなどの通信やオンライン講座として学ぶ方法もあります。

メリット
対面でのコーチング・コーチと直接顔を合わせることで、ことばのニュアンスや、雰囲気を受けとりやすい・早い段階から信頼がうまれ、相談しやすい・コーチとの信頼関係や、受講するうえで安心できる・パソコンが苦手でも安心して受講できる
通信・オンラインでのコーチング・通信環境さえ整っていれば、どこにいても受講できる・時間の無駄がない・自分自身の内面に集中しやすい・オンラインでできるコーチング技術が学べる・リラックスした環境で受講できる

Udemyのコーチング講座

Udemyは210000以上のコースがあり、自己啓発から業務効率化まで幅広く学べる、オンライン学習プラットフォームです。

Udemyの特徴は、いつでも、どこでも学べる完全オンライン動画コースになっていることです。動画の一つ一つが短時間で作られているため、見やすく、初心者でも学びやすいように作られています。

学習期間の制限がないので、自分のペースで、焦ることなく学ぶことができ、実際の受講者からは「コストパフォーマンスが高い」など、好評なコメントが多いです。

そして、Udemyでは、コーチングについての講座がいくつかあります。

Udemyでのコーチング講座は、「コーチングを使いたい人や場面」でいくつか分かれており、どのコーチングを学べばいいのか、一目で分かりやすいです。

なかでも今回は、仕事で役立つ3つの講座を紹介します。

一番自分にあっている講座をみつけて、受講してみてはいかがでしょうか。

「稼げるコーチ」になる! 1からコーチングを身につけ独立・副業を目指すマスターコース【修了証つき】

「稼げるコーチ」として、独立・副業を目指すコーチングの基礎を学ぶだけでなく、インターネットで自動的に集客する仕組みも学べます。

そして、受講後は海外大学で発行しているコーチング基礎修了証がもらえるそうです。

総時間:2時間15分のオンデマンドビデオ

費用:¥27,800

学習内容は、

  • 資格なしでもコーチングを使って独立・副業する方法
  • コーチに必要とされる4つのこと(コーチングピラミッド)
  • セッションで実際に使う4つのコーチングテクニック
  • コーチングのセッションの流れ(開始から終了まで)
  • 初心者がやりがちなコーチングのよくある3つの失敗
  • あなたの強みとコーチングを組み合わせてビジネスにする方法
  • コーチングの顧客の行動段階に応じたマーケティング施策例
  • コーチとしてUdemyを使って簡単に集客する方法

こんな方におすすめ

  • コーチとして独立、副業したいと考えている人
  • コーチングの基礎を1から身につけたい人
  • コーチとして独立してみたが、集客ができなくて困っている人
  • 時間がない中でも、コーチとして収入を得たい人
  • 自分にあったコーチングジャンルを見つけたい人

この講座では、コーチングスキルと、コーチのために集客するスキル、この2つの本質を学べます。

部下・新人をいち早く成長させる人材育成法/Z世代が思わず動き出したくなるサクセスパスコーチング『教える技術/育む技術』

上司やリーダーが、部下・後輩を一人前に育てるために身につけるべき技術(ティーチング・コーチング)を学べます。

1on1コーチングの仕方など、具体的な事例でレクチャーしてくれる講座です。

総時間:5時間14分のオンデマンドビデオ

費用:¥21,800

学習内容は、

  • 部下や後輩、新人、Z世代メンバーの考え方、関わり方を理解できる
  • 育成の仕方。「教え方」「育て方」の理論を学べる
  • 「具体的な事例」で、イメージがわき、対応力が高まる
  • 「理論と紐づける」ことで、対応力が高まる
  • テクニックだけでなく、「本質」を学ことができる

こんな方におすすめ

  • はじめて新人育成の担当になった方(インストラクター、教育担当など)
  • はじめて後輩をもったリーダー
  • Z世代の後輩と、もっとうまく付き合っていきたい方
  • 上記の方々の上司にあたるチームリーダーやグループリーダー

「教える技術」と「育む技術」を学び、後輩や部下が活躍できるようナビゲーションしていきましょう。

もうセッションで迷走しない!テンプレでできるワーク型コーチング講座【すぐに使える100の質問と実践動画つき】

コーチングをする人の多くが悩む、質問と進行のスキルを上げ、コーチ起業に近づくための実践講座を学べます。

たとえば、「次の質問どうしよう」「今なんて言えばいいんだろう」「相手の話をうまく整理できない」など、不安や焦ってしまう気持ちを鍛える講座内容です。

賞レースを狙うお笑い芸人とのセッション動画もついているので楽しく学べるかもしれません。

総時間:2時間23分のオンデマンドビデオ

費用:¥27,800

学習内容は、

  • プロコーチが使う100以上の質問例で、相手の考えをたくさん引き出せるようになる
  • 事前に質問が設計されたワークシートで、苦手な人でもセッションができるようになる
  • 流れに沿って練習することで、セッションに迷走しなくなる
  • 若手お笑い芸人とのセッション動画で、コーチングの質問と進行の方法がわかる
  • コーチングを速く身につけるための練習法が分かる
  • 1on1セッションを導入する自信がつく
  • 「明日からやります!」と言ってもらえるガントチャートの使い方が分かる
  • コーチングセッションログ(メモ)の取り方がわかる

こんな方におすすめ

  • コーチングの1on1セッションを使った起業・副業をしたい人
  • 職場の部下とのキャリア面談にコーチングの1on1を導入したい人
  • セッションの途中でどんな質問をすればいいのか分からなくなる人
  • セッションの進行が苦手な人
  • 相手の話を聴きながら、メモを取るのが苦手な人

内容としては、コーチングの全てを学べる内容ではありません。

ですが、一番難しいといわれている「質問」と「進行」のスキルに絞っているので、どの講座よりも効率的にコーチングの技術を向上させることができる講座です。

コーチング資格はいらない人や意味ないと考える人

身につけてしまえば資格がなくてもコーチングはできます。

ですが、コーチングでビジネスがしたいと考えているのであれば、資格は取得しておくべきでしょう。なぜなら、資格の有無でクライアントからの信頼度がかなり変わるからです。

1on1や、日常的にコーチングを活用したいだけなら、資格は必要ないと考える方がいるのは、無理もないはなしなので納得はできます。

しかし、同じことを学ぶのであれば、資格を取得しておいた方が、その後、自分の活躍の場が広がる可能性は高いといえます。

せっかくコーチングを学ぶのなら、セカンドキャリアや副業にも有利になる「資格」を取得することをおすすめします。

コーチングの欠点について

コーチングの欠点には、以下のようなことがあげられます。

  • 効果が出るまでに時間がかかる
  • 一度に大勢を対応することはむずかしい
  • 相手に依存されやすい
  • 信頼関係を築けないと本音が聞けない

人のモチベーションやメンタル面は、一度のコーチングで結果がでるときもあれば、なかなか相手の内側を引き出すことができないときもあります。

コーチングをするときは、こちらの欠点に対策をしたうえでおこなうと良いかもしれません。

まとめ

資格といったらユーキャンが有名ですが、ユーキャンではコーチング資格を取得できません。

コーチングは、必ずしも資格を取得しないといけないものではないため、資格がなくてもコーチングはできます。

ですが、「コーチングでビジネスがしたい」「プロコーチになりたい」と考えてるのであれば、資格は取得した方がいいといえるので、学ぶとしたらユーキャンではなく、資格を取得することができる他の場所で受講することをおすすめします。

コーチングにも種類があるので、自分に合ったコーチング資格を選ぶと良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次