コーチングをするのに資格がいらないって本当なの?

コーチングは質問や提案などを通して、相手の心の中の思いを気づかせるコミュニケーションです。

ビジネスやスポーツなど様々な場面でコーチがいますが、コーチングを行うコーチには資格は必要なのでしょうか?

コーチングでは資格がいらないと言われている点について解説していきます。

目次

コーチングの仕事をするのに資格はいらない?

コーチングを仕事にするのに資格は必要ありません。

医師や弁護士のような国家資格が必要なお仕事とは違い、今日からでもコーチングを仕事にできます。

民間の資格はあるため、信頼の証明につながりますがそれ以上の価値はありません。

コーチとして大切なのは、高度な専門性と確かなスキルが必要です。

コーチングはお客様の隠れた能力を引き出したり、相談に対して適切なフィードバックやリクエストができる能力が求められます。

資格は必要ないからこそ、確かな実力が重視されるお仕事と言えるでしょう。

コーチングをするのに必要な5大スキルについて

コーチングの際に必要な5大スキルは、傾聴力、質問力、承認力、フィードバックスキル、リクエストスキルです。

傾聴力相手が話しやすい環境をつくる力
質問力相手が気づいていない部分も、自ら気づけるように誘導してあげる力
承認力相手を信じ、全てを受け入れる力
フィードバック力自分が相手から感じたことを伝える力
リクエスト力相手に対し提案することで行動変容を起こす力

傾聴力

傾聴力とは相手が話をしやすい環境をつくる力です。コーチングの目的は、相手自身の力を最大限に引き出すことにあります。

そのためには、言葉だけでなく態度や表情、声のトーン、間合い等から相手の本当の気持ちをしっかり理解することが欠かせません。

話を途中で遮ることなく、最後までしっかり話を聞いてあげれば、相手も心を開きやすくなります。

自分が話し手の場合を想像した上での対応を考えると考えやすいでしょう。

コーチングの基本は、話し相手の本音に深く耳を傾け、相手が話しやすい環境をつくることが肝心なのです。

適切なタイミングで相槌を打つこと、目をみて話を聞くことなどが具体的な方法と言えます。

質問力

質問力とは、話し相手の現状を色んな角度から掘り下げ、お客様も気づいていない本質的な課題をお客様自ら見つけられる問いかけをする力です。

たとえば、就職活動でつまずいている相手に対し、一方的な助言をするのではなく、「どのようなことに困っている?」「自分が面接官だったらどう思うか?」などと質問を重ね、本当の原因を見極めさせたり、視点を変えさせることを意識すべきです。

また、コーチ側から解決策を提示するよりも、相手自身がみずから解決策を見つけられるような質問をしてあげましょう。

自分の言葉で話すことが苦手なお客様もいらっしゃるので、ある程度の仮説をもとに質問をすると良いです。

承認力

承認力とは話し手の気持ちや行動を否定せず、無条件に受け入れる力です。

相手を理解し、承認する力がコーチングの土台となります。

話し相手が自身の課題や失敗を恥じたり後ろめたく感じていても、そうした気持ちをあくまでも受け入れることが重要です。

コーチは相手が限りない可能性を持つことを信じ、成長を最大限サポートするパートナーだからです。

承認される体験を通して、話し相手は自己肯定感が上がり、新たなステップを踏み出すことができます。

フィードバックスキル

フィードバックスキルとは、コーチ側から見て相手がどう見えているかを伝える力です。

ポジティブなことはもちろんですが、ネガティブなことでも伝える必要があります。

しかし、フィードバックが単なる批判や非難と受け取られてしまっては意味がありません。

重要なのはコーチが事実と解釈を分けて伝える事です。

事実とは目に見えるありのままです。

例えば、目線や手などの動き、声のトーンといった心理的なものが現れる言動。

一方、動作がどういう意味を持つのかは、その場の状況や、話の流れを踏まえる必要があるため解釈となります。

フィードバックにおいては相手の更なる成長を促進するように意識しましょう!

ネガティブなフィードバックの場合は特に、前向きな変化につながる言葉選びを行うことが肝心です。

フィードバックを通して、相手自身が自分で気づきを得られるよう働きかけましょう。

リクエストスキル

リクエストスキルとは、お客様に対し提案という形で行動変容を起こす力です。

目標達成に向けた相手の行動を効果的に促進するには、具体的かつその場に合わせて提案する力が大切です。

ただし、一方的に指示を出すのではなく、対話を通して行動変容への動機付けを高めることが前提条件となります。

提案に近いと言えるでしょう。

明確かつ現実的なリクエストであれば、相手は具体的な一歩を踏み出せるはずです。

そうした小さな成功体験の積み重ねが、目標達成への大きな力となるのです。

コーチングで稼ぐために必要な3大スキル

稼ぐために必要な3大スキルはコーチング力、集客力、コミュニケーション力の3つに分けられます。

コーチング力先ほど挙げた5大スキルを指します。話し相手の様々な課題に対応できるよう、常により良いコーチングを求め勉強し続けましょう。
集客力コーチングのターゲット層を明確に定め、自分を効果的に知ってもらう活動を行う力です。Twitter等のSNSを活用しましょう。
コミュニケーション力相手の考えや心情を汲み取り、わかりやすく適切に伝える力です。言葉の選び方はもちろん、声のトーンや態度にも気を配る必要があります。

コーチング力

優れたコーチング力によって、お客様の満足度を大きく高められれば、リピーター率の上昇や口コミ効果による新しい顧客獲得が期待できます。

卓越したコーチング力は、相手に最大限の価値を提供し、確実な変化や成長を促せるための武器になるのです。

理論と実際のお客様を相手にする実践を重ね、先に述べたような高度な傾聴力、質問力、承認力などを身につけることで、コーチング力を日々向上させましょう。

コーチング力の高さは結果として収益拡大に直結するのです。

集客力

収益の拡大と安定化を実現するために重要なのが集客力です。

単なる営業活動ではなく、コーチングの価値を正しく理解してもらえるよう、わかりやすく魅力的な情報発信を心がける必要があります。

コーチングを行う数が多ければ多いほど実績となり、次のお客様にとっての選ぶ理由になります。

コミュニケーション力

コミュニケーション力の高さは、高い満足度を実現し、長期的な継続サポートに結びつけるために重要です。

お客様との信頼関係は上手なコミュニケーションを行ってこそなのです。

相手の言葉や態度の裏にある本当の気持ちを汲み取り、適切な言葉で思いを代弁する力が欠かせません。

相手の気持ちに共感し、尊重する姿勢があれば、自然と信頼関係が生まれるでしょう。

信頼関係の構築が、安定した収入源の確保につながるのです。

コーチング資格がいる人といらない人の違いは?

コーチング資格がいる人といらない人の大きな違いは、コーチとしての活躍の場を広くしたいか、少しでも早く実践を積みたいかの違いです。

資格をとれば企業や団体で活動するにあたって一定の能力を示すことが出来るでしょう。

しかし資格取得には時間と費用がかかるため、経験を重視する人にはおすすめしません。

以下ではさらに両者の違いについて詳細に説明していきます。

コーチングの仕事に夢を持ちつつも、「本当に稼げるの?」「やっぱり資格を取らないと仕事にならないのでは?」と不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

そういった不安を解消していきましょう!

コーチング資格がいる人

  • コーチングのスキルや知識をしっかりと身につけたい人
  • 企業や団体でコーチを務めたい人
  • クライアントから信頼され、選ばれるコーチとなりたい人

資格取得を通してポイントを抑えた学習ができ、一定の質が担保されます。

企業内でキャリアコーチングなどを行う場合は、資格を求められることが多くなります。

またクライアントからの信頼を高める上でも、資格は有利に働きます。

こうした理由から、コーチとしての活躍の場を広げたい人には資格取得がおすすめです。

コーチング資格がいらない人

  • 個人的な関係のなかでコーチングを実践したい人
  • 資格の有無よりも実績や経験を重視する人

資格は必須ではありませんが、一定のスキルは必要不可欠です。

親しい知人や友人を支援する際には、資格を持たずともコーチングは可能です。

また、資格よりもむしろ実績や経験を重視する人もいるでしょう。

必要なのは、相手の成長を最大限にサポートする熱意とスキルです。

資格なしでも十分にコーチングに貢献できる場合もあります。

コーチング資格を取得するメリット・デメリット

コーチング資格取得のメリットは体系的に学べること、デメリットは費用や時間がかかることなどが上げられるでしょう。

メリットデメリット
体系的な学習ができ、確実にコーチングのスキルを身につけられる資格を活かして企業や団体で活躍できる道が広がるクライアントから信頼され、選ばれやすくなる自己啓発の一環としても有益である資格取得には一定の費用と時間がかかる資格を取得しても実務経験が伴わないと活かしきれない面がある資格によってはリフレッシュ研修や更新が必要になる場合がある

コーチング資格を取得するメリット

資格取得を通じて、コーチングの理論と実践を適切なバランスで学ぶことができます。

自己流ではなく、確かな技術とノウハウを身につけられるのはメリットと言えるでしょう。

また、企業内コーチや資格を重視する分野で活躍する上で強みになります。

資格保有者としての社会的信用も高まれば、潜在顧客の信頼獲得をしやすいでしょう。

資格取得は自己研鑽の過程でもあり、コーチとしての可能性を大きく広げてくれるでしょう。

コーチング自体怪しいという印象をまだ抱かれやすいため、資格を持っていると相手にとって安心材料の一つになるのは間違いないです。

コーチング資格を取得するデメリット

資格取得には受講料のほか、教材費や試験料など様々な費用がかかります。

また数ヶ月から1年以上の学習期間が必要となり、時間的なコストも無視できません。

さらに、資格だけでは実践力が身につかない側面もあり、実務経験を積む必要があります。

加えて、一定期間ごとの更新が義務付けられている資格もあり、その際には更新料などの追加費用が発生します。

コーチングの資格はユーキャンでも取れる?

ユーキャンではコーチング関連の資格も提供しているので、独学でも取ることができます。

費用や学習期間は資格、その目的によって年間で20-50万かかるものや、100万以上するものもあります。

そんな中、1か月という短期間オンラインで手軽に受講できるのがユーキャンの特長です。

ユーキャンのコーチング資格は、企業研修やセミナーにも選ばれるなど一定の評価を得ているため、信頼もできるでしょう。

しかし最終的には、資格の質よりもコーチ個人の能力とパフォーマンスが重要視されることを忘れてはいけません。

資格は手段の1つに過ぎず、本当に大切なのは着実な実践を重ねる姿勢なのです。

コーチングとティーチングの違いについて

ティーチングが一方向的な知識の伝達であるのに対し、コーチングは対話を通じて受け手の自己実現をサポートするという、双方向のプロセスが特徴的です。

以下の表で詳しく説明します。

場合によってはコーチングの過程でティーチングが適切となる場面もあり得ます。

コーチは受け手のニーズに合わせて、柔軟かつ臨機応変なアプローチが求められるのです。

コーチングティーチング
目的受け手自身の力を引き出し、課題解決や目標達成を支援すること指導者が正解を伝え、受講者にその知識やスキルを教え込むこと
役割「答えを教える」のではなく、受け手自身が答えを見つけられるようサポートする役割経験の浅い相手に対して明確な答えを教える先生の役割

まとめ

コーチングの仕事に就くには必ずしも資格は必須ではありませんが、質の高いサービスを提供し信頼を得るためには、一定のスキルとノウハウを身につける必要があります。

資格を持っていた方が安心する人や、これからコーチングを勉強する上で自分を追い込みたいひとは取得を目指しましょう!

また、事業として成功を収めるには、コーチング力に加えて、集客力とコミュニケーション力が欠かせません。

コーチング資格の取得は、これらの能力を体系的に養う良い機会となるでしょう。

一方で、費用や時間的コストがかかるというデメリットもあります。

資格はあくまで信用の証明のみであり、それよりも、常に学び続け、スキルを磨くことが大切です。

すでにスキルを持っている人は集客スキルを磨くことに力を入れると良いです。

コーチングの仕事に携わる上で必要なスキルを確実に身につけ、信頼されるコーチを目指しましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次