コーチングとは一体何なの?意味や役割をわかりやすく解説

コーチングと聞くと何を思い浮かべるでしょうか?

スポーツで監督やコーチがレクチャーをしたり、指示を出すことをイメージしている方も多いと思います。

ですが、指示を出すことはティーチングと言われ、コーチングとは全く異なるものです。

カウンセリングも似たようなものですが、コーチングとは違うものになります。では、一体コーチングとは何なのか?詳しくみていきましょう。

目次

コーチングとは簡単に何なの?

コーチングとは「コミュニケーションによって相手をサポートすること」です。

対話により相手が自ら課題や解決方法に気づくようサポートして目標を達成できるよう支援します。

「答えはその人の中にある」という考えを基本としているため、コーチが外から答えを教えないことが特徴です。(学校の先生はティーチングになります。)

自ら課題に気づくことで、納得して課題に取り組み解決に向けて行動することで自発性や自己肯定感が生まれます。

また、コーチングはコミュニケーションを取ることなので、必然的にコミュニケーション能力も上がるでしょう。

コーチングとは実は名前を知らないだけで、多くの人の身近にあるものでもあります。

誰もが学んだであろう学校現場や、社会に出て働いている現場など、使われている場面は様々です。

コーチングとティーチングの違い

コーチングとティーチングの違いは、コーチングが「相手の中にある答えを引き出す」ことに対して、ティーチングは「指導者が持つ答えを与える」ことになります。

コーチングでは、コーチと相手は対等の関係です。

相手が自分で考え、答えを見つけることをサポートするので、相手の自発性を養うのに効果があります。

しかし、相手が自分で考え答えを出すには、ある程度の時間が必要なため、中・長期的にみることが求められるのです。

一方で、ティーチングでは教える側が先生や上司になります。

相手がまだ未熟で経験や知識が乏しく、やり方を知らない場合に有効です。

特に今すぐ答えが必要な時に効果をはっきします。

例えば、スポーツのコーチは知識と経験を後進の選手に伝え、目標に導いていくので、この場合はティーチングです。

コーチングとカウンセリングの違い

コーチングとカウンセリングの違いは、改善する対象で大きな違いがあります。

コーチングは主に現在と未来に焦点を当て「相手に考えてもらう」ことを重視し、目標達成の支援が目的です。(現在の状況の改善)

一方で、カウンセリング「気持ちの改善」に役立ちます。

現在の心理状態になってしまった原因を明らかにし、相手のマイナスの気持ちの状態をゼロに。つまり落ち着いた状態にするようのサポートするのが目的です。

カウンセリングで重視するのは、相手に「話してもらうこと」になります。

心の内に抱えていることを言葉にできるよう傾聴し、頭の中や気持ちが整理できるようサポートします。

コーチングとコンサルティングの違い

コーチングとコンサルティングの違いは、コーチングは目標達成のために相手から答えを引き出すことに対し、コンサルティングは相手に答えを教えるということです。

コンサルティングは相手から聞いた情報をもとに専門知識を使って現状を客観的に分析、問題の原因を特定し、それを解決するための手段を提案します。

目の前の問題に対する解決策はコンサルタントの中にあり、相手はその提案に従います。

つまり、目標を達成するためにどの道を行くのか、その答えはコンサルタントが握っているのです。

また、コンサルティングでは、相手の問題を解決し、何よりも成果を出すことを重要視します。

したがって、成果が出るまで早いというメリットがあります。

コーチングが意味ないと言われる理由は?

コーチングが意味ないと言われる理由は効果が分かりづらいからです。

スキルやノウハウを直接教えるのではなく、コミュニケーションを通して相手自身に「気づき」を与えるのがコーチングのやり方になります。

短期で効果が得られるものではなく長期的に学んでいく必要があるため、すぐに効果を得たい方には意味がありません。

他にも意味がないと言われる理由に以下のものが挙げられます。

  • コーチングの認知度が低い
  • コーチのスキル不足
  • コーチに依存しすぎてしまう
  • コーチと相手が信頼しあえてない
  • 自信と確信がもてない

コーチングは相手とのコミュニケーションによって「相手の中にある答え」に気づいてもらうものなので、相手を警戒して心を開いていない状態では意味がありません。

また、依存してしまい答えを自分で見つけられなくなりコーチに求めてしまうようではコーチングの効果は得られません。

コーチングの三大スキルについて

コーチングには大きく分けて傾聴・質問・承認の3つのスキルがあります。

どのスキルが欠けてもコーチングの効果は得られないので、3つのスキル全てが重要になります。

スキル内容
傾聴相手の話を深い部分まで聞く話し方や表情などに注目する
質問相手が自ら気づきの機会を持てるようなことを聞く
承認相手の存在そのものを認める相手の長所を発見し、言葉や態度で褒める

では、3つのスキルをもう少し詳しくみていきましょう。

傾聴

傾聴とは、相手の話を深い部分まで聞くことだけでなく、相手の話し方や表情などに注目することです。

言葉に隠れた気持ちを理解することで、相手とより親密な関係を築くことが可能になります。

また、傾聴して話を聞けるようになると、相手が話しやすい空間を創り出すことができ、より多くの会話を引き出すことができるでしょう。

傾聴スキルには大切な3つのポイントがあります。

  • 間違っている部分があったとしても否定せずに肯定します。受け入れる姿勢をみせることで、相手は自分の思いを伝えやすくなるため、本心を引き出すことができます。
  • 相手に共感することも重要です。自分の話に共感してもらえると信頼関係が深まります。
  • 相手に確認をすることも重要です。会話の中で理解できなかったことがある場合は放置せず、理解できるまで話を聞きましょう。相手の本当の気持ちを理解するとより親密な関係を築きやすくなります。

質問

質問とは、一般的にはわからないことを聞くことです。

コーチングでの質問は、コーチが受講生に対して自ら気づきの機会を得られるような質問をすることが重要になります。

質問には大切な3つのポイントがあります。

  • 相手が自分の考えや意見を自由に答えられる問いかけをします。そうすることで、自分で考える習慣が身につく効果が得られるでしょう。
  • 「どうすればもっと良くなるか?」といった肯定的な質問をします。肯定的な質問をすることで、相手を前向きな気持ちにさせ、やる気を高めることができるでしょう。
  • 相手がこれからどうなりたいか、どうしていきたいか、などこれから先のことに目を向ける問いかけも重要です。自己分析をするために今まではどうだったかという質問も有効ですが、マイナスな内容にならないように気を付ける必要があります。

承認

承認とは、相手の存在そのものを認め、長所を発見したり、言葉や態度で伝わるように褒めたりすることです。

お世辞にならないよう実際に良い部分を見つけ、言葉や態度で確実に伝わるように褒めます。「すぐに」「具体的に」「一貫性を持って」褒めることが大切です。

相手はコーチに認めてもらえることで安心感が生まれ、モチベーションを保ちやすくなります。

承認には大切な3つのポイントがあります。

  • 相手の存在を認めることは承認の中でも非常に重要。例えば、挨拶の「おはよう」「お疲れ様 」なども存在そのものを認めることにも繋がります。また、挨拶をする前に相手の名前を呼ぶとより効果的です。
  • 相手の努力を認め、その結果を褒めることも重要。頑張って成果を出しても認めてもらえないと不満を持つ可能性があります。相手の努力を認めた上で、自分がどう思ったか伝えることが大切です。
  • 事実承認も重要。事実承認は結果が出るまでの行動やプロセスに注目します。事実に基づいた評価になるため、日々、相手の行動をしっかりと観察していないとできません。相手の行動に対して、褒める言葉をかけることが大切です。

コーチングされる相手は自分のことを気にかけてくれていると思うと、大きな喜びに繋がります。そして今よりもさらに努力しようという思いが生まれるでしょう。

コーチングのメリット・デメリット

多くのものにはメリットがあればデメリットもあります。コーチングも例外ではありません。

では、主にどのようなメリットとデメリットがあるのか見ていきましょう。

メリットデメリット
コミュニケーションをとることで、モチベーションを上げ、相手の自発性を養う目標達成や自己実現において有効効果がでるまでに時間がかかる誰にでも効果があるというわけではない

では、他にどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

コーチングのメリットについて

コーチングのメリットは、コミュニケーションを通して自発的に行動できるようになり、自分の力で目標を達成する力が養われることです。

その際、前向きに物事を捉えるのでモチベーションも上がります。

自分で問題に気づき、解決していく力がつくと目標達成が早まり、成長が実感できるでしょう。

コーチングは基本的に教えたり、指導したり、アドバイスしたりはしません。

コーチが行うのは質問と、相手の話を聞くことです。

コーチングは「自分の内面」と向き合うきっかけを作ってくれるのです。

自分の内面を見つめることで、これからどうすればいいのか自ら考え行動するようになるでしょう。

「自分の内面」を見つめることで、これまで取り組んでこなかった行動や避けてきた行動の必要性に気づく場合があります。コーチングによって、相手の視野が広がるのです。この気づきが自分自身の成長へ繋がります。

自発性を高めることができるからこそ、コーチングは様々な人に対して効果を発揮することができるのです。

コーチングのデメリットについて

コーチングのデメリットは、効果を感じるまでにある程度の時間がかかることです。

効果を感じるためにはコーチングへの積極的な参加が必要で、ただ受け身でいる場合にはコーチと信頼関係が築けません。

自信がないままコーチングを受けていると本当に望む目的からズレてしまい、最悪の場合進歩がないままコーチングが終わってしまう可能性もあります。

したがって、コーチングで効果を出すにはコーチに専門的なスキルが必要です。

コーチのスキルや経験が不足していると、期待していたような効果が出ず、逆に非効率になってしまう可能性があるので注意が必要です。

また、コーチングは現状に満足している人には使えません。

コーチングは現状の外側にゴールを設定し、そのゴールに向かっていく気持ちを自発的に創りあげていくからです。

したがって、現状が気に入っている人には新しいゴールの設定が不要なためコーチングをする必要がありません。

コーチングの具体的な手順について

コーチングを効果的に行うためには、4つの手順があります。

手順内容
1現状の課題を確認するコーチに話すことで、自分の考えや感情を整理しやすくなる本音を言えるように、さまざまな内容を尋ねる
2目標を明確にする目標達成を難しくしているものは何かはっきりさせる否定的な言葉は使わない
3目標は段階ごとに細かく計画を立てる小さな行動を重ねて成功につながるようにする
4経過を見ながら継続的にフォローする計画達成の状況や努力の方向性が正しいかなど、フォローを続けて目標達成に導く

コーチングの活用ケースについて

コーチングはスポーツや教育、看護、介護など、私たちの生活の様々な場面で使用されており、多くの人にとって本来は身近なものです。

例えば、「何のために生きているのかわからない」という方がいたとします。その場合、どんな人生を送りたいのか見つけてもらうとよいでしょう。

まずは、「好きなことや得意なこと」「過去の成功体験や嬉しかったこと」「大切なものや価値観」を質問していきます。

大切にしたいものは家族や自由な時間、お金などさまざまです。

さらに大切にしたいものを「なぜ大切にしたいのか」「どのように大切にしたいのか」と深堀りします。

家族を大切にしたい方は、対話の中で「家族に幸せでいてほしい」「家族みんなが一緒に過ごせる時間を増やせるようにお金に余裕を持ちたい」。

自分だけの気持ちに気づき思いが明確になると、目標達成や望む未来のために前向きに働いたり生きることができるようになります。

スポーツとコーチング

スポーツの現場で実際にコーチングを使うことで、選手は「今はどうだったのか」「パフォーマンスをさらに良くするためにはどうすればいいか」を自発的に考えるようになります。

コーチングはスポーツ選手自身が自分で課題や目標を設定し、主体的に行動する力を養うのです。

柔軟性や判断力が向上し、選手が変化に対応できるようになります。

競技中においてはストレスやプレッシャーがつきものですが、柔軟な対応ができるため、自分で考えて動ける力は大いに役に立ちます。

競技前で緊張していたとても、コーチングを受けていると自分で客観的に分析し解決することができます。

「自分はやれる」「頑張れる」と前向きに競技に挑んでいるはずです。

一方で、コーチングを受けていないと自己解決ができず、「自信がない」「上手くできるかな」と悩みながら競技に挑む可能性があります。

自分の力が出せるのは、ポジティブに考えられている方です。コーチングはメンタルの安定にも役立ちます。

教育とコーチング

教育の現場でコーチングを使うことは、自発性を養うのに最適です。学習意欲の向上や個人の目標設定をすることで、学びのモチベーションにも繋がります。

また、コーチングはコミュニケーションを用いるので、子どものコミュニケーション能力を育てるのにも役立つのです。

将来の社会では自発的に考え、行動できる力が重要視されています。コーチングを行うことで子どもは自ら考え問題を解決する力が養われるでしょう。

子どもたちが将来の社会で活躍できるよう必要なものを身に着けてもらうことが教育でもあります。

例えば、将来の進路が決まらず悩んでいる子どもがいたとします。その場合にもコーチングは有効です。

「今まで楽しかったことは何か」「なぜそれを楽しいと思ったのか」「楽しいと思う理由の共通点は何か」と子どもに対して話をより深く聞いていきます。

子どもとの対話を繰り返すことによって、子どもの深層心理にあるやりたいことを引き出すことができるのです。

将来のやりたいことが明確になることで、子どもは生きるためのモチベーションを上げることができます。

看護とコーチング

看護の現場でもコーチングを通して患者さんのメンタルをより前向きにすることができます。

コミュニケーションを通じて、看護師と患者さんの間に信頼感が生まれるからです。

患者さんが完治した後のやりたいことや治療に向けてやるべきことを明確にでき、モチベーションが上がります。

例えば、病気で入院した際にコーチングを使うことによって、患者さんのメンタル面のケアができます。

「退院後にやりたいことは何ですか」「退院後に会いたい人は誰ですか」具体的に聞くことで、治療をして退院するというモチベーションにも繋がります。

ゴールが具体的に決まった場合、次に細かい目標を設定していきます。

「明日は〇〇ができるようになりましょう」「〇〇までに退院できるように頑張りましょう」等です。

そうすることで、同じことを繰り返さないよう生活習慣の改善など、患者さんが自分自身の健康に積極的に気をつけていくきっかけにもなるのです。

治療のための行動は専門的な知識が必要ですが、必要な知識は伝えた上で患者さんができる目標を患者さん自身に立ててもらうとよいでしょう。

介護とコーチング

介護は人と人が密に接する場面です。コーチングを使うことで、介護をする時の困ったシーンを乗り越えられることもあります。

自分の考え方を見つめ直したり、声のかけ方や行動を変えたりするだけで介護がスムーズになるのです。

介護する側は既に十分頑張っているので、見方を変えて、心に余裕を持てるようにしましょう。

例えば、相手がお風呂に入りたがらない場合、「上着にゴミがついているから着替えましょうね」「足だけでも洗いましょうか」と聞いてみます。

身体を動かすことが億劫な高齢者も、着替えくらいなら、と同意してくれるかもしれません。

相手が億劫がっていることを責めるのではなく、なぜお風呂に入りたくないのか理由を聞いてみたり、表情を観察したりして嫌がる理由を探っていきます。

相手を良く観察していると対処法が見つかる場合もあります。

会社で役立つコーチングは?

会社は利益を上げなければならず、そのためには人材育成が必要です。

コーチングを使うことで、部下の教育に役立ちます。部下の成長が会社の成長に繋がるからです。

また、コーチングはコミュニケーションスキルのため、会社内外で使えます。

部下だけでなく同僚が悩んでいる時にも使えるのです。

例えば、職場でうまく自分の意見が言えずに、居心地が悪い思いをしている人がいます。

その場合、まず「なぜ意見が言えないのか」を深堀りしていかなければなりません。

意見が言えない理由は「自分に自信がない」「意見を言うことで輪を乱さないか不安」「責任を負いたくない」などさまざまです。

自分に自信がないから意見が言えない場合には、「自信がないのはなぜか」「何か褒められた経験があるか」などを聞いていきます。

コミュニケーションをとっていくうちに、相手の中で「過去の経験を引きずっていた」「他人の目を気にしすぎていた」「意見を言っても大丈夫なんだ」という気づきが起こります。

そうすれば次第に自信を持って意見を言えるようになるでしょう。

部下の教育で役立つコーチングについて

コーチングがもっとも有効なのは、重要度は高いが緊急度の低い社員の成長やスキルアップです。

コーチングによってなりたい自分を自ら発見し、自発的に行動を促すことで成長に導きます。

自分自身で気づいて成長してもらうことが重要です。

気を付けたいのは、部下の成長が会社の成長に繋がるのは事実ですが、会社から求める方針で目標設定をしても部下のモチベーションは下がる可能性があります。

部下が会社でどのようなスキルや能力を身に着けたいか、あるいは将来仕事上でどんなことがやりたいかを聞き、それを達成するためにどのような能力を磨いたら良いかを導きながら目標設定することも重要です。

例えば、1on1の制度を導入することもコーチングによる部下育成には有効です。

1on1を実施することで、定期的に部下と上司が進捗を共有し、能力の向上に向けた方向性を確認することができます。

まとめ

コーチングとはコミュニケーションによって自発性を育むものなので、日常ではビジネスや教育、スポーツなど様々な場面で役に立ちます。

現在の社会において誰にでも身近なものだからこそ、必要になる場面も多いのではないでしょうか。

部下の育成であったり、子どもの教育であったり、あるいは自分自身の自己実現のためにコーチングを学んでみるのも1つの方法です。

成果が現れるまでには時間がかかりますが、自分の内面を見つめなおす機会にもなります。

今まで感じられなかったことに気づくことで成長し、コミュニケーションスキルが上がり、何事も前向きに捉えることができるようになるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次