コーチングとはビジネスでどのように役立つの?

コーチングは質問などを通じて、相手の心の中にある思いを気づかせるコミュニケーションです。

ビジネスの面でも多く使われていますが、コーチングとビジネスがどのように関わるのか?具体的にイメージできない人も多いのではないでしょうか?

この記事では、コーチングとビジネスの関連性について解説をしていきます。

目次

ビジネスにおけるコーチングとは?

ビジネスにおけるコーチングとは、個人の潜在的能力の発揮と企業の目標達成をサポートするものです。

コーチングには、個々の自主性、問題解決能力、モチベーションアップの効果があります。

個人のポテンシャルを最大限に発揮するためのサポートが行われるため、ビジネスに取り入れることで会社全体の成長にも繋がります。

例えば企業でコーチングを取り入れた場合は、部下をより有能にできるコミュニケーションとして活用できます。

一方的に出された指示に従って仕事をこなしてもらうだけでは、優秀な”人材”とは言えないですよね。

主体性を身に着けてもらい、臨機応変な対応ができる力を発揮してもらえる”人財”となることで、企業にとっても働いている方にとっても、お互いにメリットがあると言えます。

ビジネスコーチングを企業に取り入れるのではなく、自分自身がコーチングを依頼して、個人で受けることも可能です。その場合は、自分のキャリアや仕事上の目標に対して、より良い方向に向かう手助けをしてくれます。

コーチングとティーチングの違いについて

コーチングとティーチングの違いは、目標達成のサポートを受けるか目標達成の解決策を提示されるかの違いです。

コーチングやティーチングという言葉は普段あまり馴染みないですよね。

学校の授業や勉強を直接教えてもらうのはティーチングに該当します。

ティーチングは、相手に対して解決策を教えることです。答えの決まっている問いや、その答えの導き方、知識を習得させるものになります。

一方コーチングは、コーチングを受ける方の思考を優先して行動指針を導き、目標達成を手助けすることです。

スポーツ経験者はコーチがついていた経験がある方もいるかもしれません。単に目標達成の為のノウハウを教えるティーチングとは違います。

対話を使い、コーチングを受ける方の考えや価値観、行動パターンに寄り添って、自己改善を促すコミュニケーションスキルです。

解決策を提示されるだけのティーチングとは違い、どのように解決していくかを自分で考える力を養い、活用していくのがコーチングです。

ただ答えを提示されてそれに従うのか、自分で答えを見つける手助けをしてもらうのか明確な違いがありますね。

コーチングの世間で言われる評価

コーチングの世間で言われている一般的な評価は、「怪しい」「意味がない」です。

マイナスな検索結果が多く見受けられますが、コーチングは無形のサービスであり、高額なものもたくさんあるためどうしても怪しさが出てしまいます。

コーチングは目標に向かう際「向上心はあるけど自分なりにどう行動していいのかわからない」など、意欲のある悩みを持っている方に大きな成果が見られます。

一方で、人生について深く悩んでいない方にとっては、意味がないと感じられているかもしれません。

しかし、コーチングの正しい知識自分にあったコーチングを見つけることで最大限の効果を期待できます。

マイナス面の不安を払拭し、コーチングの意義を理解することで、質の高いコーチングを受けることができます。

コーチングは何故怪しいと言われるのか?

コーチングが怪しいと言われる理由を簡単にまとめると、”コーチングって一体なんなの?”と思う方が多いからです。

なにごとにも言えることですが、得体の知れないものは怪しいと思ってしまいますよね。

まずは、コーチングについて知り、理解することが大切です。誤った情報でご自身が損をしないためにも、正しい情報を活用していきましょう。

正しい情報を得るためにも、まずはコーチングが怪しいと言われる理由を以下にまとめました。

  • コーチングとは普段聞き慣れない言葉であるため何が何だか分からない
  • 目に見えて効果を実感しにくい
  • 高額なセミナーがある
  • 資格がなくても名乗れる

上記の通りコーチングとは一体なにか理解している方はそう多くないのが現状です。

またコーチングは、目で見える効果を実感しにくいのです。コーチングを受けたからといって、その場で何かモノを得られるわけではありませんので、効果が実感しづらいという点が挙げられます。

あるいは、仮に営業成績で数字を上げたい目標を達成できたとすれば、数字という形で目に見えて実感するかもしれません。

そして、資格の無いコーチが高額のセミナーを開催することもあり、信憑性が無く怪しいと感じる方もいるのが実情です。

コーチングが意味ないと思われる理由は?

コーチングが意味ないと思われるのは、自身の人生において目標を持たない人や、成長したい気持ちがない人がいるからです。コーチングを受ける意味のない人が、コーチングに誘われて受けた経験があると効果が発揮しずらいので、意味がないという声が挙がります。

コーチングの意味がある人と意味がない人の違いを表にしました。

コーチングの意味がある人コーチングの意味がない人
目標あるない
向上心(成長意欲)あるない
行動力あるない

上記の表のように、目標を持たない人や、向上心がない方には、コーチングは必要がなく、意味がないと感じるのです。

コーチングは自分自身がより豊かな人生を送るために使われる手段の1つです。

では一体なぜ目標や向上心を持たない人々がいるのか考えてみましょう。

自分の目標を持たない、持てない人は、自己肯定感が低い状態にあります。

日本人の国民性に多い特徴で、常識の強さや意見を主張することで批判を受けるなど、文化的観点から自己肯定感が低い方が非常に多いです。

自己肯定感が低い場合、自分の豊かな人生について考えた時に、絵に描いたような一般的な幸せを求める傾向の方が多いです。

絵に描いたような幸せは、自分の意志によって考え、決定した自分自身の幸せではない為、幸福感を感じづらい傾向にあります。

自己肯定感の低さから、コーチングは意味がないと思い込んでいるのかもしれません。

上記のようにコーチングには意味ないと感じる人もいる一方で、人生において向上心がある人にとっては、意味のあるものと言えます。

コーチングの資格について

2024年5月現在、コーチングは国家資格ではなく、民間資格になります。

国家資格と民間資格について簡単に表にまとめました。

民間資格国家資格
資格認定基準企業や個人の独自の基準法律に基づく
権威性資格の種類により様々全国一律
主な資格TOEIC、漢字検定、秘書技能検定など医師、弁護士、調理師など
種類約3000種類約300種類

上記のように、民間資格とは、民間企業の独自の基準を用いて資格を認定するものです。

国家資格のように法律による規制がないため、比較的安易に資格取得可能が可能です。(もちろん難関資格もあります。)

国際的に認められている権威性の高いものもあるため、自分の目的に見合った資格なのかどうか、事前にリサーチすることは欠かせません。

コーチングにおける民間資格の中でも、大きく分けて2種類の取得方法があります。

コーチングスクール資格国際コーチ連盟資格(ICF)
資格認定基準スクールごとに定められた基準ICFに基づく(世界基準)
取得方法スクールごとの講習等ICF認定スクールでの講習等
権威性/信頼性スクール知名度によるあり

コーチングスクール資格とは、スクールごとに定められたカリキュラムを受講し、認定されることで修了資格を得ることができます。コーチングの中でも、ビジネスコーチングやチームコーチングなど資格取得目的によって、スクールを決める必要があります。

国際コーチ連盟資格とは、ICF(International Coaching Federation)と呼ばれる、非営利団体国際コーチング連盟が発行するコーチング資格です。

アメリカ発祥で、現在ではコーチングの世界共通基準も担っているといっても過言ではありません。

コーチングとしての信頼性が問われる近年、ICFの資格保有者が対象となるコーチングの求人も増えてきているようです。

ビジネスコーチングに資格は必要?

コーチングとして働きたい方に、資格が必ず必要というわけではありません。

現時点でコーチングに国家資格はないので、資格なしでもコーチングとして活動はできます。

しかし、コーチを募集している企業や団体の条件は、講座やスクールを修了している必要があると提示されることがほとんどです。

コーチングとしてのスキルを高めるには、スクールでコーチングの知識や実績を上げて、資格取得をすることが望ましいでしょう。

また、資格が無くてもコーチと名乗れてしまうことから、資格を取得していた方が信頼性や、権威性が担保できます。

権威性を重視して資格を取得する際は、ICF認定のスクールを受講し、国際コーチ連盟資格を取得することをおすすめします。

ビジネスコーチングの仕事内容は?

人材育成としてコーチングを受ける方の目標達成の手助けをすることが主な仕事内容です。

コーチングを受ける方の思考や過去の行動パターンから、個性や強みを引き出す”対話”をすることが大事になってきます。

コーチングの依頼を受けて、相手と対話していく中で、目標に対する答えを教示するのではなく、目標に対してどうアプローチしていくか考える”助け”になることが重要です。

自分自身で考え、答えを出してもらうことを繰り返し、徐々に主体性が身に付きます。

つまりコーチング自体、何度も繰り返す必要があるのです。

ここで注意したいのが、カウンセリングとは違う点です。

カウンセリングとは、受ける方の悩みを聞いた上でマイナスな気持ちや思考を、プラスに改善していく手法です。

一方コーチングでは、マイナスな気持ちや思考も、その人の一つの個性だと考え、主体性を持って行動できるよう、個性を活用させることがポイントになります。

個性を活かして個々の能力が上がれば、会社にとってもより良い”人財”となるでしょう。

ビジネスコーチングの料金は?

ビジネスの分野に特化した専門的なコーチに依頼すると、1時間あたり約1〜3万円が相場となります。

この料金幅は、コーチにより料金も変わってくるため、一概にいくらとは言えません。

例えば、講師(コーチ)の登録・紹介型サイトCoaching Searchによると、

コーチ(イニシャル)料金(税別)時間(分)
Tコーチ20,000円120分
Oコーチ29,700円120分
Sコーチ35,000円90分

上記の表の通り、コーチにより料金設定は様々です。

高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれですが、前述したようにコーチングは1回で終わりではありません。

スクールで月2回のコーチングを6ヶ月受けるコースで約20万〜60万の相場になります。

かなり幅がありますが、対面かオンラインといったコーチングの方法や、サポート内容によっても値段が変わってきますので、無料相談などを利用して自分に合うものを見つけましょう。

また、とにかく実績を積むために1時間1千円〜などとコーチングの値段を安く設定しているコーチもいます。この場合は、コーチの実績が伴っていない場合もあることを理解しておきましょう。

コーチングの3原則について

コーチングには3つの原則があり、これらを満たすことで、質が高く満足のいくコーチングを実現することが可能です。

簡単な概要を以下の表にしました。

オンゴーイング(継続性)テーラーメイド(個別対応)インタラクティブ(双方向)

継続的な対話の機会でモチベーションの向上維持

一人ひとりにあった対応でポテンシャルを最大限発揮

お互いが対等な立場で素直な信頼関係を築く

以下でそれぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

「オンゴーイング(継続性)」

個人と向き合うためにも、継続的に対話の機会を設けることが重要になってきます。

これまで述べたように、たった1度コーチングを受けただけでは、お互いのことも分かっていないままの上辺の対話になるので、お互いが向き合えず効果が期待しにくいものです。

また、1度のコーチング後に一時的にモチベーションが上がる方は多々いますが、元の自分の環境に戻ることで、気持ちも下がって元に戻ってしまいがちです。

せっかくコーチングを受けたのに、モチベーションが下がってしまっては、意味がないですよね。

向上心の低下を防ぐためにも、継続してコーチングを受ける必要があります。

どれほどの期間コーチングを受ける必要があるのかは、個人差がある為一概には言えません。

ただ一般的なスクールで設定されている期間は約3ヶ月から半年、1年です。3ヶ月で変化が見られない方は、1、2年を目安にすると成果が見られるようになります。

「テーラーメイド(個別対応)」

一人ひとりの生き方にあったコーチングをするために、集団ではなく1対1で向き合う必要があります。

世界に何億もの人がいる分だけ、生き方は何億通りもあります。

国民性、価値観、生活環境、経験をもとに、ある程度のコーチングパターンを分析はできるかもしれませんが、必ずしもパターンに当てはまるとは言い切れません。

1対1の対話の中でも、会話の途中途中でのふとした気づきを汲み取り、次の会話に活かすことが重要です。

例えば「どうして目標を達成できなかったのか」という問いに対して、次に活かすために前向きに捉えられる人もいれば、目標を達成できなかったことを責められていると、マイナスに捉えてしまう人もいるのです。

そのため、個別対応では高度な観察力と配慮が必要になります。

「インタラクティブ(双方向)」

コーチングにおける双方向とは、どちらかが一方的に話をしているような形ではなく、”お互いがお互いの話を聞いて話す形”が双方向と言えます。

個人の思考や心理から自己改善を促すのに心の底からの対話を必要とするため、信頼関係が重要になってきます。

お互いが対等な立場で、素直に心を開いて対話をすることが重要です。深層心理を汲み取ることで、コーチが最適な対話を促してくれるはずです。

一方で向的に話すような会話では全く意味がありません。お互いがお互いに関心を持って対話をしなければ信頼関係が成り立ちません。

注意しなければならないのは、上司と部下という上下関係がある状況では、上司から部下への一方通行になりがちで、形だけのコーチングになる実態もある点です。

お互いが対等でなければコーチングの本質を見出せないので、上司の立場にいる場合は部下に対して普段から親身に相談に乗るなどの関係性を築くことも大切になってくるでしょう。

ビジネスコーチングでお金持ちになることは可能なの?

コーチングのスキルと、しっかりとした実績を身に付けることで、ビジネスコーチングでお金持ちになることは可能だと言えるでしょう。

ただ、コーチの収益は人によってそれぞれです。年収1千万円を越える人もいれば、0〜200万、200万から500万の年収の方もいる現状です。

安定した収益を得るためには信頼性ネームバリュー(権威性)が重要になってきます。

そのためには、コーチングの資格を取得し、ビジネスの分野に特化したプロフェッショナルなコーチになる必要があります。

どんな職業も初めから大儲けすることは難しいので、着実にビジネスコーチングの分野で実績を積むことが望ましいと言えます。

まとめ

個々の成長で企業の成長に繋がることが、ビジネスコーチングにおいて双方のメリットです。

コーチングにおいて大事な3原則を満たすことで、企業内でより良いビジネスの環境も築くことができますので継続性個別対応双方向の3つのポイントを忘れないようにしてください。

また、自分自身でコーチングを利用することでも、自分のビジネスマネジメントにおけるスキルが向上することが期待されます。

コーチングは自分の意思を言語化できるようになるので、自分の生きがいややりがいを見つける手段の1つになります。

コーチングの利用を迷われている方はこの記事の情報をもとに、ぜひコーチングを活用してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次