自分の価値観の見つけ方は?就活での質問理由と見つけるポイントを解説!

自分の価値観の見つけ方は?就活での質問理由と見つけるポイントを解説!

自分の価値観って意図的に変えられる?

自分の価値観や判断基準をどう決めればいいか分からない……

自分の価値観を人に押し付けることについて悩んでいる

自分自身の価値観や判断基準を明確に持つことは、人生の中で非常に大切です。しかし、その見つけ方が分からないと悩む方も多いのではないでしょうか。

この記事では、自分の価値観の見つけ方を紹介します。また、就活で価値観に関して質問される理由と見つけるポイントも紹介しているので、価値観を見つけられずに悩んでいる方は参考にしてください。

\LINEでかんたん1分/

目次

価値観とは?

価値観とは?

「価値観」とは、物事の価値についての、個人や社会の考え方をいう言葉です。

辞書的には「自分が意思決定する際に何を重視するかの判断基準」の意味があります。

価値観は、個人の経験や受けてきた教育、家庭や人間関係などによって形成され、人それぞれ異なります。例えば、美しいものや正義を重視する人もいれば、経済的な成功や快楽を追求する人もいるでしょう。

自分の価値観を見つけると、就活においても軸や判断基準ができるため、志望動機や面接のときに役立ちます。

自分の価値観を知るメリット

自分の価値観を知るメリット

自分の価値観を知るメリットは、自分がいいと思った選択ができるようになる点です。

何事においても、自分の価値観に基づいた判断は、何よりも自分自身が納得できる材料になります。自分なりの価値化を持つことで、他人の期待や社会のルールに縛られず、自分らしく生活できます。

自分の価値観を把握しておくと、満足度も高まるでしょう。自分の望みに合わせた選択をすることで、より充実感や幸福感を得られるようになるからです。

自分の価値観に忠実に行動すると、自己肯定感も高まり、何事にも自信を持って取り組めるようになるでしょう。

就活の面接で価値観について聞かれる理由

就活の面接で価値観について聞かれる理由

企業が今後、仕事を共にする上で、応募者との相性や成長ポテンシャルを見極めたいからです。

価値観の合致や将来のキャリアビジョンが明確であることは、就活の成功につながる重要な要素です。だからこそ、就活をする上では、自身の価値観やキャリアビジョンをしっかりと整理し、面接でアピールすることが大切でしょう。

ここでは、就職活動で自身の価値観を聞かれる具体的な理由を、3つ紹介します。

業務内容や社風に合致するか知るため

優秀な人材でも、価値観や社風、業務内容と合わなければ、活躍することは難しいです。

企業は、人材を採用する際に、経験やスキルだけでなく、その人の価値観も重視します。価値観は、個人が大切にする信念であり、仕事に対する姿勢や行動の根本に関わります。

会社は、自社のビジョンやミッションに基づいて事業を展開しており、その方向性に合致する人材を求めているのです。

例えば、定時後の飲み会や休日のゴルフなど、接待が多い風土の企業や業種は、仕事と家庭のワークライフバランスを大切にしたい人にはフィットしない可能性もあるでしょう。面接の段階で価値観を聞いておくことで、社風などに合う人材かどうか、間接的に確認できます。

人間性や大切にしているものを知るため

就活の面接で価値観について聞かれる理由は、人間性や大切にしているものを知るためでもあります。

例えば、面接官が価値観について質問することで、価値観によって応募者が適性のある職種や仕事内容を推し量りたいと考えています。

価値観に関する質問をすることで、応募者がどんなタイプの人物かを推し量れます。

また、価値観について聞くことで、「サポートや気遣いが得意なタイプかどうか」や「黙々と努力できるタイプか」なども分かります。

サポートや気遣いが得意な人は、周囲の人をサポートし、チーム全体の連携を促進できるでしょう。また、1人で黙々と努力できる人は、正確さや緻密さが求められる作業などで大いに貢献できるはずです。

将来のキャリアビジョンが明確か知るため

就活の面接では、将来のキャリアビジョンが明確かどうかを知るためにも、価値観について質問されます。

企業は、採用する人材との相性や将来の成長性を見極めたいと考えています。

価値観についての質問を通じて、応募者がどのような価値観を持ち、その価値観に基づいた働き方や目標を持っているかを確認できます。

一方で、将来のキャリアビジョンが明確でない人は、成長意欲が低い可能性もあります。企業としては、このようなギャップを事前に確認できれば、採用後のトラブルやパフォーマンスの低下を防げるでしょう。

価値観を見つけるのは難しい

価値観を見つけるのは難しい

価値観とは、個人が持つ心の中での基準や信念を指します。

人は、自分にとって重要なものや意味のあるものを価値としてとらえ、それに基づいて行動や判断することが多いです。

価値観が合う人間を探すのは砂漠で一輪の花を探すようなもの……

価値観を具体的に明確化するのは決して容易ではありません。

それは、価値観が自分にとっての「常識」に近いものだからです。自分の価値観は、幼少期からの育ちや経験、文化的背景などさまざまな要素によって形成されています。

また、価値観は主観的なもので、他の人には理解されづらいこともあります。自分にとっての当たり前が他の人にとっては非常識だったり、逆に他の人の価値観が自分には理解できなかったりする場合もあるからです。

価値観の見つけ方のポイント3選

価値観の見つけ方のポイント3選

価値観は、これまでのエピソードを交えながら考えると、より具体的に見つけられるでしょう。

価値観を見つける上でのポイントは、言語化です!

ここでは、価値観の見つけ方のポイントを3つ紹介します。

短所や苦手なことから逆算する

苦手なことや短所を避ける際には、自分自身の価値観や信念が関わっている場合が多いです。

人は、自分が得意分野や趣味などで、自身の成長や満足感を追求する傾向があります。その一方で、苦手なことや短所を避ける際の判断は、自分自身の価値観を見つけるための重要なポイントとなるのです。

「苦手なことや短所を避ける理由には、いくつかの要素が絡んでいます。」

自分自身がそのことに対してどのような感情を抱いているかを考えてみましょう。苦手なことが引き起こす不快感や嫌悪感は、自分の価値観や信念と関係があります。

過去の経験を時系列で振り返る

価値観を見つけるためには、過去の経験を時系列で振り返るのも有効です。

過去の楽しかった経験や、つらい経験を年齢など時系列で整理しましょう。過去の経験を振り返ることで、自分自身の成長や変化を見つけられます。

例えば、小学校の頃は外で友達と遊ぶのが好きだったか、それとも教室で工作に熱中していたのか。中学生の頃は部活動やクラブ活動に打ち込んでいたのか、それとも将来に向けた学びに力を入れていたのか。これらの経験を時系列に整理していくと、自分の興味や関心の変化を把握できるでしょう。

エピソードとともに具体的に考える

過去の具体的なエピソードを振り返ってみることは、自分の価値観を見つける上で重要なポイントです。なぜなら、過去の選択や行動は、自分がどのような価値を大切にしていたのかを反映しているからです。

志望校を決めたときについて思い出してみましょう。

例えば、確実に合格できそうな大学を選ぶのか、それとも1年浪人して偏差値の高い大学にチャレンジしたいのか。親の負担も考慮して国公立を目指すのか、あるいは自分の意志で私立の行きたい学部を目指したのかなど、多様な意思決定が存在します。

価値観は、個人の人生観や目標に深く関わっています。そのため、価値観を見つけるためには、自分の経験やエピソードを具体的に考えるとよいです。

上記のように、自分が思い出深い経験や達成感を得た瞬間はどういう時だったのかを考えてみましょう。

価値観の見つけ方が分からないときにやるべきこと

価値観の見つけ方が分からないときにやるべきこと

価値観の見つけ方が分からないときには、自分自身を見つめ直し、客観的な視点で考えることが重要です。しかし、自己分析を一人で行うのは難しいです。

そこで、以下のような方法を試してみるとよいでしょう。

これらの方法を組み合わせてみるのもおすすめです!

家族や友人に聞いてみる

自分自身の価値観を見つけることは、時に難しいものです。自分では気づかなかったり、うまく言葉にできなかったりする場合もあります。

そんなときには、家族や友人に聞いてみましょう。

長い時間を一緒に過ごした家族や友人は、あなたのことをよく知っています。自分の行動や言動に対して、もしかしたら自分でも気づかないようなパターンや傾向を見つけているかもしれません。

例えば、家族や友人に「私はどんな人だと思う?」などと気軽に尋ねてみましょう。

相手を尊敬する理由や仲がいい理由を挙げていく

価値観を見つけるための一つの方法は、自分が尊敬する理由や、仲がいい人との関係性を見つめ直すことです。

自分が尊敬する人には、どのような特徴や行動があるのでしょうか。その人が持つ価値観や信念は、自分にとっても重要なものかもしれません。

自分が仲がいい人と共有している点も、自分の価値観を明らかにする手がかりとなります。

自分と仲の良い人についても考えてみるとよいでしょう。例えば、その人とは趣味や興味が共通している、お互いに助け合える関係性がある、コミュニケーションがスムーズに取れるなど、仲良くい続ける上での要素があるかもしれません。

自己分析のツールを活用する

自己分析のツールを活用することは、価値観を見つける上で非常に役立ちます。その中でも、MBTI診断は特におすすめです。

MBTI診断は、人々の行動や思考の傾向を分類し、それらを16の異なるタイプに分けるツールです。

診断を受けることで、自分のタイプを把握できます!

MBTI診断を活用することで、自分がどのようなタイプなのかを知ることができます。これにより、自分の性格や特徴を客観的に理解できるでしょう。

絶対的なものではないのですが、自分の価値観を考えるうえでの参考になるでしょう。

キャリアコーチングを受ける

価値観は、私たちが人生や仕事において大切にするものを表しています。しかし、時には自分の価値観が見つけられずに迷ってしまうこともあるでしょう。そのようなときには、キャリアコーチングがおすすめです。

キャリアコーチングでは、自分の価値観を見つけるための手助けをしてもらえます。

コーチは、あなたの思考や行動パターンを観察し、洞察を与えてくれるでしょう。自分では見えなかった価値観を発見することにつながります。

様々なワークを通して、自分が本当に大切に思っていることや、何に喜びや充実感を得られるのかを見つけられます。自分自身を深く理解し、自分の人生をより充実させるための第一歩として利用を検討してはいかがでしょうか。

\LINEでかんたん1分/

価値観の見つけ方についてのよくある質問

価値観の見つけ方についてのよくある質問

価値観の理解は、自己成長や人間関係の構築において重要な要素となります。ここでは、価値観の見つけ方について疑問に感じやすい点をまとめました。

以下のような質問を紹介します。

「価値観を見つける30の質問」とは何ですか?

「価値観を見つける30の質問」とは、八木仁平氏が公式X(旧Twitter)でシェアした、大事なことを見つけるための30の質問のことを指します。

人生の軸を持ちたい人にとって非常に役立つものです。

「価値観を見つける30の質問」に答えることで、自分の重要な価値観を見つけられます。

一日集中してこれらの質問に答えると、共通点や傾向が見えてきて、自分の軸が明確になるでしょう。気になった方は、ぜひ自分の人生の方向性を見つけるために取り組んでみてください。

価値観はどうやって決まるのですか?

価値観は、性格や過去の経験、そして家庭環境など、様々な要因によって徐々に作り上げられていきます。

性格は、価値観に大いに影響を与えます。人それぞれ異なる性格を持っているため、それぞれが重視する価値観も異なることでしょう。

また、過去の経験も価値観形成に大きな影響を与えます。過去の成功や失敗・人間関係の中での出来事など、これらの経験は私たちが何を重要視すべきかを考える上で重要な要素です。

そして、家庭環境も価値観の形成に影響を与えます。子ども時代に受けた教育や価値観の伝え方は、大人になっても持ち続けることが多いです。

価値観の見つけ方を知って充実した人生を送ろう!

価値観の見つけ方を知って充実した人生を送ろう!

この記事では、自分の価値観が分からず悩んでいる方に対して、その見つけ方を紹介しました。

この記事の内容をまとめると以下の通りです。

  • 価値観は個人や社会の考えを表し、自己肯定感や幸福感を高めてくれる
  • 価値観を明確にするのは難しいが、家族や友人、キャリアコーチングの助けを借りるとよい
  • 企業の面接でも価値観が重要で、将来の成長や相性を見極めるために質問される

自分の価値観を見つけることは、個人や社会の考えを明確に表すだけでなく、自己肯定感や幸福感を高めるためにも重要です。

価値観を明確にするのは簡単ではありませんが、家族や友人、そしてキャリアコーチングの助けを借りると、自分自身の価値観を見つける手助けになるでしょう。

キャリアコーチングには、potenがおすすめです。

本当にやりたいことの深堀やキャリアプランの作成をマンツーマンで行ってくれます。

もし興味がありましたら、詳細ページをご覧いただくか、最短1分でできるLINE無料カウンセリングに気軽に相談してください。

あなたの環境を変える一歩を踏み出しましょう。

\LINEでかんたん1分/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次