仕事で理不尽に怒られた時の切り替え方は?4つの対処法を徹底解説!

仕事で理不尽に怒られた時の切り替え方は?4つの対処法を徹底解説!

上司の指示が不明確なのが悪いのに、なぜか自分が怒られてしまう……

他部署のミスが原因で進捗が遅れているのに、自分が責任を問われている……

的外れな非難や侮辱的な発言をされて仕事に行きたくなくなった……

「仕事で理不尽に怒られた時の切り替え方」が分からずに悩む人は少なくありません。理不尽な怒りに直面すると、心が痛み、モチベーションが下がりがちです。

しかし、そのような状況から切り替える方法を知れば、自信を取り戻し、仕事の成果を出せるでしょう。

この記事では、理不尽に怒られた時に効果的な切り替え方を紹介します。また、理不尽な怒りに囚われてしまって抜け出せない方のために、対処法も紹介します。

\LINEでかんたん1分/

目次

理不尽に怒られた時に切り替えるための3つの考え方

理不尽に怒られた時に切り替えるための3つの考え方

自分を守るための方法を見つけることで、より円滑な人間関係を築けます。

理不尽に怒られることは、誰にとっても嫌な経験です。

しかし、怒りを蓄えてしまっても問題解決にはなりません。そこで、理不尽な怒りに対して冷静に対処するための3つの考え方を紹介します。

気にしすぎないようにする

理不尽に怒られる経験は誰しも一度はあるものです。しかし、理不尽な怒りは相手の性格や状況によって引き起こされる場合もあります。

そのような時、あまり深く考えすぎないようにする必要があります。

理不尽に怒る人は、特に気分屋であり、感情的になってしまうケースもあることを理解しましょう。人は感情の起伏があり、その日の気分によって行動や態度が変わることもあります。

例えば、昨日優しく接してくれていた上司が、今日になると鬼のように怒ってくるかもしれません。ですから、相手の怒りを自分の問題として、あまり理不尽だと感じたら気にしすぎないようにしましょう。

理不尽に怒る人は余裕がない人だと思い込む

理不尽に怒られた時には、相手が余裕のない人だと思い込むことも大切です。なぜなら、理不尽に怒る人は論理的に伝える余裕がないからです。

こういう場合には、自分自身が感情的になることなく、冷静な対応が求められます。

また、理不尽に怒る人は、何かしらのストレスや心の負担を抱えている可能性もあるため、相手への理解や共感も大切です。

できるだけ相手の気持ちにも寄り添いながら、落ち着いて問題の解決策を模索していきましょう。理不尽に怒られた場面での冷静な対応は、ビジネスの場だけでなく、日常生活でも役立つスキルなので、日頃から意識してみてください。

怒られた理由を冷静に分析する

自分に非があった場合は反省し、改善する必要がある一方、時には自身に落ち度が無い理不尽な怒りに直面する場合もあるでしょう。このような状況では、怒られた理由を冷静に分析することが重要です。

まず、なぜ怒られたかをじっくりと考えてください。

怒られた理由は、自分の行動や言動に起因しているのか、それとも相手の感情や状況によるものなのかをもう1度考えてみましょう。自分に非がある場合は、反省や謝罪の必要がありますが、理不尽な怒りの場合は異なります。

怒られた理由を冷静に分析し、冷静に対応して自信を持ち、次に進むことが大切です。

理不尽に怒られた時の切り替えにおすすめの行動5選

理不尽に怒られた時の切り替えにおすすめの行動5選

怒られる経験は誰にでもあるものです。しかし、理不尽な怒りに対してどのように切り替えるかが肝心です。

どの方法を選ぶにしても、冷静な判断と自己管理が求められます!

ここでは、怒られた時の切り替えにおすすめの行動5選を紹介します。

怒られた内容と感情を紙に書き出す

まずは紙とペンを用意しましょう。怒られた内容とその時に抱いた感情を具体的に書き出していきます。

紙に書きだすことにより、頭の中にあるネガティブな思考を言語化でき、自分の感情に向き合い、客観的に理解できます。

また、紙に書き出した内容を振り返ると、感情をコントロールすることも可能です。

感情が高ぶっている状況では、冷静な判断ができず、言葉や態度に影響が出ます。しかし、紙に書き出した内容を見つめることで、感情を客観的に把握し、冷静に対処できるでしょう。

冷静な判断ができるようになれば、仕事や人間関係にもプラスになるので、ぜひ試してください。

理解のある上司に相談する

理不尽に怒ってくる相手のことを、理解のある上司に相談するのもおすすめします。

上司は部下の悩みや苦労に対して深く理解しているため、問題の解決に役立つアドバイスが期待できるからです。理不尽に怒る相手が同じ部署にいる場合、直属の上司への相談は、配置転換や異動の検討材料にもなります。

理不尽に怒られることは、誰にとってもストレスの原因となります。しかし、自分一人で悩んでいても解決策は見えてこないことが多いです。そのような時、理解のある上司に相談することで、心の負担を軽減できます。

相手が理解してくれる上司であれば、自分の感情や意見を受け止めてくれますし、解決策を共に考えられるでしょう。

家族や信頼できる友人に相談する

上司に相談する他にも、家族や信頼できる友人への相談は、気持ちの切り替えにおすすめです。
それは、会社の状況にとらわれず、的確なアドバイスをもらえる可能性が高いからです。

怒られた時には、自分自身で冷静になることが難しいかもしれません。そのような時は、家族や信頼できる友人に話を聞いてもらいましょう。あなたの性格や志向をよく知っている人ならではの、客観的な視点でアドバイスをくれるでしょう。

会社内の状況にとらわれてしまうと、感情的になってしまいがちです。家族や友人は理不尽に怒る相手と直接の関係がないため、より公平な立場でアドバイスをくれるでしょう。

趣味に没頭してストレスを発散する

ストレスを抱える日常の中で、趣味に没頭することは、心身の健康を保つために欠かせません。それは趣味に没頭すると、理不尽に怒られた状況や日常のストレスを一時的に忘れられるからです。

映画や動画鑑賞・ゲーム・読書など、自分が世界観にのめり込みやすい趣味を見つけましょう。

思考の切り替えやリフレッシュは、仕事や学業においても非常に重要です。心身のリラックスを促し、ストレスを軽減するために、趣味に時間を割いてみてはいかがでしょうか。

軽い運動を取り入れる

軽い運動を日常に取り入れることは、心身の健康に多くのメリットをもたらします。

特に有酸素運動は、「幸せホルモン」とも呼ばれるセロトニンが分泌されで、ストレスや嫌なことを忘れやすくなる効果があります。

日常生活の中で、少しの時間を使ってウォーキングやジョギング・サイクリングなどの有酸素運動を行うと、心の安定感やリラックス効果を感じられるでしょう。

また、適度な運動はリラックス効果ももたらします。軽い運動を行うと、筋肉の緊張が緩み、血流が良くなるため、身体の疲れや緊張が和らぎます。その結果、心地よい疲労感やリフレッシュ感を得られるでしょう。

自分が悪くないのに理不尽に怒られやすい人の特徴3選

自分が悪くないのに理不尽に怒られやすい人の特徴3選

自分は悪くないのに理不尽に怒られることは誰にとっても辛いものです。しかし、姿勢や態度を改善する努力をすれば、理不尽に怒られる状況を回避できるでしょう。

自信を持ち、適切な意見を持つように心がけましょう!

ここでは、以下のような自分が悪くないのに理不尽に怒られやすい人の特徴を紹介します。

自分に自信がなく意見を持っていない

まず「自分に自信がなく意見を持っていない」と、自分が悪くないのに理不尽に怒られやすい傾向にあります。

このような人は、自分の意見や考えをはっきりと述べられず、自己主張が苦手です。

そのため、理不尽な怒りに対しても言い返せず、相手の反論や批判に対してもなかなか反論できません。

自信がないため、自分の意見を主張することに抵抗を感じてしまいます。その結果、素直に受け入れてしまい、ますます相手の格好の怒りの的になってしまいがちです。

仕事で同じミスを繰り返しがち

たとえミスしていなくても、なぜかミスを疑われてしまう……

そのような経験をしたことはありませんか。

仕事で同じミスを繰り返してしまう人は、なぜか理不尽に怒られることが多いです。しかし、怒られる原因は、自分自身にある場合もあります。

まずは漏れなく堅実に仕事をこなすことが重要です。自分の仕事に責任を持ち、ミスを最小限に抑える努力を怠ってはいけません。確認作業や手順の再確認を怠らないようにしましょう。

また、日々のコミュニケーションも大切です。上司や同僚に対して進捗状況や問題点を共有し、適切なフィードバックをもらうことでミスを防げます。ホウレンソウを怠らず、情報共有を徹底しましょう。

以下の記事では、仕事でミスばかりしてしまう原因を紹介しています。気になった方は、ぜひ参考にしてください。

業務態度や身だしなみが良くない

自分が悪くないのに理不尽に怒られやすい人は、業務態度や身だしなみが整っていない可能性があります。

このような人は普段から指導を受けている可能性が高く、その延長で怒られやすい傾向にあるです。

業務態度が良くない人とは、仕事に対する姿勢や態度がいい加減な人を指します。

例えば、仕事の納期を守らずに他の人に迷惑をかけたり、責任感を持たずに手抜きをしたりしていると見られがちです。また、仕事に対して真摯に取り組まなければ、いい加減な態度で物事を進めることもあるでしょう。

理不尽に怒られる状況を抜け出せない時の4つの対処法

理不尽に怒られる状況を抜け出せない時の4つの対処法

理不尽に怒られる状況は、誰にとってもストレスがたまるものです。しかし、その状況から抜け出す方法を知れば、少しは気持ちを楽にできるでしょう。

ここでは、理不尽に怒られる状況を抜け出せない時の対処法を紹介します。

スクロールできます
対処法特徴
異動希望を出して異動する異動を希望して他の部署に移動すると、理不尽に怒られる状況を断ち切れるかもしれない
パワハラとして人事や労働基準監督署に相談する法的な手段をとることで、自分自身を守れる
休職する怒られる状況から離れて一時的にリセットすることで、自分の心や体を回復できる
キャリアコーチングで市場価値を高めて転職する自分のスキルや経験を、最大限に活かせる新しい職場を見つける手助けをしてもらえる

異動希望を出して異動する

理不尽に怒られる状況から抜け出すための一つの対処法として、異動希望を出して異動する方法があります。

異動により、理不尽に怒られる相手と離れられるため、ストレスを軽減できます。

ただし、異動先でも同じような状況にならないようにするためには、異動希望を出す前に異動先の人とコミュニケーションをとっておくことが重要です。異動先の人とのコミュニケーションを通じて、自身の状況や期待を伝えておくと、異動先で理不尽な扱いをされにくくなるでしょう。

パワハラとして人事や労働基準監督署に相談する

パワハラとして人事や労働基準監督署に相談するのも一つの対処法です。

労働基準監督署は、労働条件や労働環境に関する法令の遵守を監督する機関です。人事や労働基準監督署に相談する理由は、理不尽に怒られている状況がパワハラに該当するかどうかを判断しなければならないからです。

例えば、上司からの恣意的な怒りや理不尽な扱いが日常的に続く場合、パワハラに該当する可能性があります。また、仕事に関係のない個人的な攻撃や侮辱的な言動、劣悪な労働環境や暴力行為もパワハラに該当するでしょう。

もし理不尽に怒られる状況がパワハラに該当すると感じた場合、会社の人事や労働基準監督署に相談してください。

休職する

理不尽に怒られて悩んでいる方は、休職も視野に入れましょう。

休職により、理不尽に怒られてストレスがかかる状態から距離を置けます。休職期間中、自分の心と体をリセットすると、冷静な状態で問題解決に取り組めるでしょう。

職場の雰囲気や人間関係が原因でストレスを感じている場合、休職は有効な手段です。ただし、休職後に同じ職場や同じ人と働く可能性があることも念頭に置いておく必要があります。

休職期間中に、異動希望を出しておくなど、再び理不尽な状況に陥らないための対策も併用すべきです。

キャリアコーチングで市場価値を高めて転職する

potenのキャリアコーチングは、理不尽に怒られる状況から抜け出せない方におすすめです。キャリアコーチングとは、自己啓発の一環であり、自分のキャリアを見直せるきっかけになります。

キャリアコーチングを受けると、自分の市場価値を高められるでしょう。potenのキャリアコーチングでは、自分自身の強みやスキルを再評価し、それを活かせる職場や業務を見つけるサポートをしてくれます。

キャリア設計をベースに転職可能なプランを立てることも可能です。また、転職と同時にスキル習得もできるプランも用意されています。

気になった方は、詳細ページを参考にしてください。キャリアコーチングについて関連記事で紹介しています。

\LINEでかんたん1分/

理不尽に怒られるのがつらければ環境を変えよう!

理不尽に怒られるのがつらければ環境を変えよう!

この記事では、仕事で理不尽に怒られる状況がきついと感じている方に対して、理不尽に怒られた時の切り替え方を紹介しました。

この記事の内容をまとめると以下の通りです。

  • 理不尽に怒られた時に切り替えるためには、気にしすぎないようにするとよい
  • 理不尽に怒られた時は、「怒られた内容と感情を紙に書き出す」などするとよい
  • 理不尽に怒られやすい人の特徴としては、自信がない人などが該当する
  • 理不尽に怒られる状況を抜け出せない時には、「休職する」などの対処法がある

理不尽に怒られることは、誰にとってもつらいものです。しかし、環境を変えることでその苦境から抜け出せます。

本記事で紹介した切り替えるための考え方や、おすすめの行動は、環境を変えられるきっかけになるでしょう。

potenのキャリアコーチングでは、プロのコーチによる徹底的なサポートで、転職やキャリアアップを徹底的にサポートします。

理不尽に怒られてつらい状況から抜け出すためのキャリアコーチングに興味がある方は、最短1分でできるLINE無料カウンセリングに気軽に相談してください。

あなたの環境を変えるための第一歩を踏み出しましょう。

\LINEでかんたん1分/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次