3年目なのに仕事でミスばかり。ミスの原因・対策や辛い時の切り替え方

3年目なのに仕事でミスばかり。ミスの原因・対策や辛い時の切り替え方

「3年目なのに仕事でミスばかりしてしまう……」

「今の仕事が自分に合っているのかがわからない……」

自分自身の弱点や改善すべき点はどうやって見つけ出す?

仕事でミスをしてしまうことは、経験豊かな3年目の方であっても、誰にでも起こるものです。

ミスの原因を見つけるためには、自己分析が欠かせません。

この記事では、ミスの原因・対策や辛い時の切り替え方について解説します。

  • 仕事でミスばかりしてしまう原因や辛いときの切り替え方がわかる
  • 仕事でミスしないための対策方法がわかる
  • 仕事に関する辛い悩みの相談先がわかる
目次

3年目でも仕事でミスばかりしてしまう原因

3年目でも仕事でミスばかりしてしまう原因

ミスの原因を明確にしておくと、繰り返しにくくなります!

仕事でミスばかりしてしまうのには原因があります。それは、たとえ仕事に携わって3年たっても同じです。

ここからは、3年目でも仕事でミスばかりしてしまう原因について、以下の順で説明します。

気が緩んでいる・集中できていない

仕事でミスを繰り返してしまう原因の1つとして、仕事に集中できていないケースが挙げられます。

なぜなら、取り組んでいる仕事に関係がないことに気が緩んでしまったり、体調が万全でなかったりする場合があります。

例えば、仕事に慣れてきて確認すべき内容をしなかったり、寝不足で気が緩んでしまったりする場合はありませんか?

このような仕事に集中できない状況や環境下では、ミスを引き起こしやすくなるのです。

ミスをなくしたい場合には、周囲のサポートを頼ったり、自分自身で新しい目標を立てることが重要です。

わからないものがある状態で仕事をしている

仕事でミスを繰り返してしまう原因の1つとして、わからないことをそのままにしている場合が挙げられます。

正しいやり方や手順を確認せずに業務を進めてしまうと、誤った方法で業務を行ったり、手順が抜けてしまったりして、結局2度手間になってしまいます。

書類の作成方法がわからない場合は、自分で作成方法を調べるよりも、先輩や上司に質問して解決すれば、社内の手順に準じた正しい方法を理解できるでしょう。また、今後同じ業務を行う際にも困りません。

しかし、わからないままにしておくと、自己流で業務を行ってしまい、ミスを起こしやすくなるのです。

業務内容がわかりにくい場合は、先輩や上司に相談してみると良いでしょう。

優先順位を決めずに仕事をしている

仕事でミスを何度もしてしまう原因の1つとして、優先順位を決めずに仕事をしていることも挙げられます。

仕事の中でどの案件から取り組むか、後回しにするべき仕事はないかなど、案件の内容を確認せずに進めると計画通りに仕事ができなくなります。その結果、仕事のやり残しや納期遅れなどの失敗につながるでしょう。

具体的な例として、プロジェクトの工数や仕事量の見誤りによって、思ったよりも作業時間が必要になってしまった場合を考えてみましょう。

この場合、残業や人員の増員が必要となり、予定よりも予算がかかる恐れが高まります。

スピードを重視しすぎている・最終確認ができていない

仕事をスピード重視で進めることは、確かに効率的であり重要な要素です。

しかし、それだけに注力しすぎると、ミスを犯す可能性が高まってしまいます。特に、ミスを犯す原因の1つは、最終確認が不十分な場合が多くあります。

たしかに、納期までに仕事を終わらせることは大切ですが、それだけに集中しすぎて、指示されている決まりを守る確認を怠ってしまっていませんか?

ミスを減らすためには、時間を割いて丁寧に最終確認を行う習慣が重要です。納期に追われている中でも、自分の仕事の品質を確保するために、時間を割いて最終確認が欠かせません。

仕事のミスで辛いときの切り替え方

仕事のミスで辛いときの切り替え方

仕事でミスをしてしまうと、周りの目が気になって辛い気持ちになります。

辛い気持ちで仕事を続けていると、さらなるミスにつながるかもしれません。

辛い気持ちを、自分なりに切り替えられる方法を把握しておくと、業務でミスが怖くなくなります。

以下が仕事のミスで辛いときの切り替え方です。それぞれについて確認していきましょう。

「誰でもミスは起こしてしまうもの」と考える

仕事でのミスは、誰でも起こしてしまうものです。完璧な人間なんて存在しません。

必要以上に自分を責めてしまうと、精神的なストレスにつながります。ミスによって落ち込んだり、クヨクヨと悩んでしまう場合もあるかもしれません。

また、ミスを他人のせいにしたり、ごまかしたりすることは避けましょう。

ミスを起こしてしまったときは、一度深呼吸をして冷静に考えてください。自分を責めるのではなく、次にどのように進めば良いのかを考えることが重要です。

ミスは避けられないものですが、それを乗り越えることでより成長につながります。

誰かに相談する

仕事のミスで辛いときには、誰かに相談することが大切です。

立ち直れない、気持ちが沈んでしまった場合には、信頼できる人に話すことで上手く気持ちが切り替えられるからです。

会社の上司や先輩に相談すると、直接的なアドバイスや指導をしてくれるでしょう。仕事のやり方や改善点を教えてもらうと、次回同じミスをしないようにできます。

もし会社内に相談できる人がいない場合でも、プライベートの友達への相談も有効です。

ミスの内容が、業務に差し支えない場合は、ただ愚痴を聞いてもらうだけでも気持ちがリフレッシュできます。

好きなことや趣味でリフレッシュする

ミスをして辛い気持ちを引きずるのは、当日だけにしましょう。

辛い気持ちは、仕事のパフォーマンスを下げ、さらなるミスの原因になってしまう悪循環に陥ってしまうからです。

辛い気持ちを和らげるためには、好きなことや趣味でリフレッシュすると効果的です。

趣味や好きなことに没頭すると、仕事のストレスを忘れられます。音楽を聴いたりゲームをしたり、自分に合った方法でリフレッシュしましょう。

もし、趣味がない場合には運動がおすすめです。ウォーキングやジョギング、ジムでのトレーニングなど、自分に合った運動を見つけて取り入れてみてください。

3年目でも仕事でミスしないための4つの対策方法

3年目でも仕事でミスしないための4つの対策方法

仕事でミスばかりしてしまう原因や、辛いときの切り替え方を解説しましたが、ミスをしないための対策にはどのような方法があるでしょうか。

3年目でも仕事でミスしないための対策方法は、主に以下の4つあります。

これらを意識して、仕事でミスしないような習慣をつくりましょう!

1.メモを確認しながら進める

重要な情報やタスクだけでなく、ささいな情報もメモして残すようにしましょう。

なぜなら、小さなミスは大きなミスにつながる可能性があるからです。記憶力に自信があっても、抜け漏れは起こり得るものです。

会議の際に話が進む中で、思いついたアイデアや確認したい内容があれば、素早くメモする習慣を身につけてください。

また、メモを取る際には、必要な情報だけでなく、ささいな情報も残すようにしましょう。

取引先の担当者の名前や好みの飲み物・顧客の特徴など、些細な情報でも相手への配慮や対応力を高めることにつながります。

2.集中できる環境やルーティンを作る

仕事でミスをしないためには、集中できる環境やルーティンを作ることが重要です。

まず、引き出しや机の上を整理整頓して、作業に集中しやすい環境を整えましょう。

散らかった状態では、気が散りやすくなりますので、必要なものをすぐに取り出せるようにしておくことが大切です。

また、仕事の効率を上げるために「ポモドーロ・テクニック」と呼ばれる作業方法を取り入れるのも有効です。

これは、25分間の作業を行った後、5分間の休憩を挟むというサイクルを繰り返すものです。この方法を使うことで、集中力を高められます。

3.上司や同僚の力を借りる

仕事でミスを起こさないためには、上司や同僚の力を借りることが重要です。

作業を分担してもらったり、わからないことを聞く・ダブルチェックしてもらうなど、周囲の人々のサポートを受けると、確実に仕事を進められます。

特に仕事量が多い場合は、ミスが起こりやすくなります。1人で多くの仕事を抱え込むよりも、少ない仕事に余裕を持って向き合う方が、失敗を防ぎやすいです。

上司や同僚に相談し、仕事の優先順位を再確認をしてみましょう。

お互いにフォローアップし合い、助け合うことで、信頼関係が築かれ、仕事の品質も向上します。

4.休憩や休みをしっかりとる

休憩や休みをしっかりとることは、3年目で慣れている人であってもミスをしないための重要な対策方法です。

仕事中に疲れがたまってくると、集中力や緊張感が薄れてしまいます。一時的に離れてリフレッシュすることで、心身ともに健康な状態を保てます。

休憩や休みを取ることによって周囲に迷惑をかけると感じる人もいるかもしれませんが、それは誤解です。

実際には、しっかりと休息をとることで仕事のパフォーマンスが向上し、周囲にもプラスの影響を与えられます。

メリハリをつけて仕事に取り組むことで、ミスしない体質に変わっていくでしょう。

仕事に関する辛い悩みの相談先

仕事に関する辛い悩みの相談先

仕事に関する辛い悩みの相談先は、転職を考えているか、キャリア以外の悩みなのかによっても変わります。

ご自身がどんなことで悩んでいるかを確認し、悩みに合わせて相談先を選んでみてください。

仕事に関する辛い悩みの相談先特徴
キャリアコーチング転職含むキャリアの悩みの場合に適している
転職エージェント転職を前提に相談したい場合に適している
心理カウンセラー人間関係や職場でのトラブルで相談したい場合に適している
心療内科精神的にどうしても辛い場合に適している

キャリアコーチング:転職含むキャリアの悩みの場合

キャリアコーチングは、転職を前提としていない場合でも、仕事に関する辛い悩みやキャリア全般の相談に最適な選択肢です。

キャリア転職をするか、現職に残るかという選択肢を含めて、フラットな相談ができます。

相談相手も、あなたの仕事の悩みをキャリアに豊富な知識を持つプロのコーチに相談できるため、安心して悩みを相談できるでしょう。

プロのコーチとの対話を通じて、自分の本当の強みややりたいことについて深く見つめなおせます。自己分析の結果、あなたに合った仕事や職場が明確になるでしょう。

昇進やキャリアパスに関する相談もしたいのであればおすすめです!

転職エージェント:転職への思いが強い場合

仕事に関する悩みから転職を考えている場合には、転職エージェントは適切な相談先となります。

例えば、今の職場や仕事に未練がなく、どうしても仕事を変えたい場合など、転職を前提に相談できます。

転職エージェントの魅力の1つは、無料で利用可能な点です。求職者が転職した場合に、その転職先の企業から報酬が支払われる仕組みになっているため、無料で利用できます。

ただし、 仕事の悩みによっては根本的な解決は難しい場合があります。

相談をする際には自分の希望や条件を明確に伝え、適切なアドバイスをもらえるエージェントを選ぶことが重要です。

心理カウンセラー:キャリア以外の悩みの場合

人間関係や職場でのトラブルに関しては心理カウンセラーも適した相談先です。

上司との関係に悩んでいるけど、誰に相談すればいいかわからない……

上記のような悩みも、心理カウンセラーであれば、話を最後まで聞いたうえで適切な支援を行ってくれます。

一方で、心理カウンセラーは心の健康に関する問題に特化しており、キャリアに関する専門知識は持っていない場合があります。

キャリアに関する悩みについては心理カウンセラーではなく、キャリアコンサルタントなどの専門家に相談することがおすすめです。

心療内科:精神的にどうしても辛い場合

メンタルの不調やストレスを強く感じる場合、限界を迎える前に心療内科に相談しましょう。

心療内科は、ストレスや精神的な原因による体調不良の治療を専門としています。辛い悩みやストレスを抱えている場合は、心療内科を受診してください。

心理面だけでなく、身体面や社会面などのトータル的な治療も行っています。

心療内科では、仕事に関する悩みについても相談できますが、あまりキャリアに関する相談には対応していない場合があります。

仕事に関する具体的なアドバイスやキャリアプランの構築に関しては、他の専門家やキャリアカウンセラーがおすすめです。

仕事のミスに関するよくある3つの質問

仕事のミスに関するよくある3つの質問

他の人は、仕事のミスに関してどのような疑問や悩みがあるのでしょうか……

ここからは、仕事のミスに関するよくある質問について以下の3つ紹介します。

仕事のミスが多いとクビにされる?

「仕事のミスが多いとクビにされるのではないか」という不安は頭をよぎることでしょう。

しかし、実際のところ、労働契約法で「客観的に合理的な理由」がない限り、単に仕事のミスが多いだけで解雇されることはありません。

労働契約法では、解雇は雇用主による重要な権限であり、雇用関係を終了させる大きな決定です。そのため、雇用主は解雇理由を明確かつ合理的に示さなければなりません。

単に仕事のミスが多いという理由だけでは、解雇は認められません。

仕事にミスが多いのは病気?

仕事にミスが多いと悩んでいる方にとって、その原因はさまざまです。中には、仕事にミスが多いからと言って病気が原因だと思い込んでしまう方もいるかもしれません。

ミスがある時期から増えてきた場合には、適応障害やうつの可能性があります。

適応障害やうつは、ストレスやプレッシャーによって引き起こされる精神的な症状です。仕事の負荷が増えたり、人間関係のストレスがある場合には、ミスが増えることも考えられます。

ミスが多い・向いていないから辞めるのは良くない?

転職経験者の中には、仕事のミスが多いことを理由に辞める人が多いです。

「向いてないから」「もっとやりがいのある仕事がしたいから」といった理由で転職を決断しています。

たしかに、自分が繰り返すミスは自信を失わせる原因となりますが、ミスが多いからといって、そのまま仕事を辞めてしまうのは考えものです。

今の仕事が向いていないだけかもしれません。

転職を検討する前に、まずは自分自身のスキルや能力を客観的に見つめ直すことが重要です。

仕事に悩みがあるならプロに相談しよう

仕事に悩みがあるならプロに相談しよう

この記事では、ミスの原因・対策や辛い時の切り替え方について解説しました。

この記事のまとめは以下のとおりです。

  • 仕事でミスが多い原因は、気が緩んでいたり集中力がなかったり、わからないまま仕事を進めてしまうものが多い
  • 仕事でミスをすると周りの目が気になり辛くなるが、辛い気持ちを切り替える方法を知っておくとよい
  • 仕事でミスをしないための対策方法には、「メモを確認しながら進める」や「集中できる環境やルーティンを作る」などがある
  • 仕事の悩みについて相談する場合、転職を考えているかどうかや悩みの内容によって相談先が異なる

仕事でミスをしてしまうことは、経験豊かな3年目の方であっても、誰にでも起こるものです。ミスの原因を見つけるためには、自己分析が欠かせません。

自分自身の仕事における弱点や改善すべき点を見つけ出し、それに対する具体的な対策を考えましょう。

また、同僚や上司に意見を求めることも有効です。彼らのフィードバックを通じて、自身の成長につなげてください。

仕事に関する悩みや困難な状況に直面した際には、ひとりで抱え込まず、信頼できる相談相手を見つけましょう。

相談相手は、仕事の指導役や上司、または友人や家族など、信頼できる人であれば誰でも構いません。

「コーチング」という言葉に馴染みのない方も多いかもしれませんが、potenではプロのライフコーチが在籍しています。

最短1分で個別無料相談の申し込みができるので、気になる方はぜひ一度ご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次