キャリアアップできないとあきらめた派遣社員に試してほしい5つのこと

明るい表情を浮かべる男女の面接官3人

派遣社員でもキャリアアップできるの?

キャリアアップしたいけど、何から始めればいいんだろう

派遣社員を続ける事に対して不安を覚えたり、キャリアアップする方法が分からず困っている方も多いのではないでしょうか。

結論から言えば、派遣社員からでも正社員になったり転職することは可能です。

この記事では、派遣社員のキャリアアップ先やキャリアアップする方法を紹介します。

  • 派遣社員のキャリアアップ先が分かる
  • キャリアアップ方法が分かる
  • キャリアに関する相談先が見つかる
目次

派遣社員はキャリアアップできる?できない?

派遣社員はキャリアアップできる?できない?

派遣社員であっても、キャリアアップはできます。

2015年の労働者派遣法の改正により、派遣会社は派遣社員のキャリアアップを支援することが義務化されました。

派遣社員がキャリアを構築できるよう、以下のことができます。

  • 派遣先を紹介してもらえる
  • 入職時に職業訓練を受けられる

ただし派遣社員は正社員より仕事の責任の重さが軽いため、キャリアアップを目指す場合は正社員よりも努力する必要があります。

派遣社員のキャリアアップ先

派遣社員のキャリアアップ先

キャリアアップしたい気持ちはあるけど、雇ってくれるところはあるのかな

キャリアを変えたい気持ちはあってもキャリアアップ先が不透明だと、不安になるでしょう。

派遣社員のキャリアアップ先は、主に以下のとおりです。

キャリアアップ先が明確になると不安が解消されるため、確認してみましょう。

派遣元の正社員

派遣社員から派遣元の正社員としてキャリアアップできる場合があります。

仕事の成績が良かったり派遣社員として長期的に活躍すると、「登録型派遣」から契約期間の制約がない「常用型派遣」の移行を提案されることがあります。

常用型派遣になるメリットは以下のとおりです。

  • 今までの職場で学んだことを有効活用できる
  • 会社の環境や業務に慣れているため、適応期間が短い

また、派遣社員としてではなく派遣会社の正社員として採用される可能性もあります。

ただし派遣会社によって正社員になれないケースもあるため、要注意です。

派遣先への直接雇用

派遣先企業に直接雇用される場合があります。

派遣は派遣会社と雇用契約を結びますが、直接雇用は企業と直接雇用契約を結びます。雇用形態には正社員や契約社員、アルバイト、パートがあります。

派遣先会社と派遣会社によって厳しく規制されているため、雇用勧誘を行うことは滅多にありません。

ただし、優秀な派遣社員が長期間にわたり働いてくれる場合は直接雇用を勧誘されることもあるでしょう。

直接雇用のメリットは以下のとおりです。

  • 継続して働ける
  • 業務の幅が広がる

一部の派遣会社は大手企業への派遣も行っており、大手企業の一般社員として雇用される可能性もあります。

他会社への転職

他の会社に転職するキャリアアップもあります。

「人間関係が悪くてストレスがたまる」「今の会社にいてもスキルがつかなさそう」「正社員になっても給料低い」といった今の会社にいても不満が解消されない場合におすすめです。

転職のメリットは以下のとおりです。

  • 年収が向上する可能性がある
  • 現職の人間関係の悩みが解消される
  • 新しい経験やスキルが身につく

ただし、転職続きになるとキャリアアップが難しくなる可能性があります。

転職する際は、「仕事するうえで譲れない条件」を明確にしてから転職しましょう。

派遣社員からキャリアアップするための方法5選

派遣社員からキャリアアップするための方法5選

キャリアアップしたいけど、何から始めればいいのかわからない…

キャリアアップする方法が不透明だと、何から始めればいいのかわからないでしょう。

派遣社員からキャリアアップするための方法は、主に以下のとおりです。

まずは、どういった方法でキャリアアップするか決めましょう。

1.資格を取得してスキルを身に付ける

資格取得は仕事に必要な専門知識を学ぶために重要です。

資格を取得することで履歴書のスキル欄に追加でき、よりレベルの高い仕事を依頼される可能性があります。

以下の資格が人気です。

  • 宅地建物取引士(不動産業界)
  • 基本情報技術者試験(IT業界)
  • 応用情報技術者(IT業界)
  • 情報セキュリティマネジメント(IT業界)
  • TOEIC(さまざまな業界)
  • 簿記検定(さまざまな業界)
  • ファイナンシャルプランナー(さまざまな業界)

資格を無闇に取るのではなく、仕事で必要な資格を取得しましょう。

2.派遣先で実績を作り転職などの際にアピールする

派遣先で実績を積み重ねることが重要です。

実績とは、「具体的な業績や成果物」や「過去から現在にかけて達成した個人または組織の実績」です。

仕事の成果を示すことで、派遣先企業と派遣元会社から高い評価を受けます。とくに派遣先企業は、実績を出す人材を採用したいと考えています。

たとえば営業職の実績は以下のようなものがあります。

  • 1ヵ月以内に成約数を5件伸ばした
  • 20人のチームリーダーとなった

数字で表せる実績を出すことが重要です。

3.副業で経験を積む

副業でスキルを向上させる方法もあります。

副業で安定した収入を得られるようになると、派遣の仕事ができなくなっても生計に余裕を持てるでしょう。また副業で派遣社員の給与を上回ったら独立することもできます。

ただし、副業が禁止の会社に勤めている場合は注意してください。副業が会社に知られることはまれですが、住民税の金額で発覚する可能性があります。

以下のような副業が人気です。

  • ライター
  • プログラミング
  • Webデザイン
  • せどり
  • 動画編集

まず、なぜ副業を行うのか目的を明確にして目標を設定してから副業を始めましょう。

4.派遣会社のキャリア形成支援を活用する

派遣会社のキャリア形成支援を活用してスキルを向上させましょう。

キャリア形成支援制度とは、派遣会社がキャリア形成の支援を希望する派遣社員に対して研修を提供することを義務づけた制度です。

たとえば、教育訓練やキャリアコンサルティング、派遣会社主導のトレーニング、eラーニング研修などがあります。

研修を積極的に受けることでスキルが向上し、正社員にキャリアアップしたり専門的な職種に転職する可能性が高まります。

5.スクールやコーチングを受講して経験を積む

何から始めればいいのかわからない場合は、社会人向けのキャリアスクールやキャリアコーチングを利用しましょう。

職種に特化したスクールに通うことで、専門的な知識を身につけることができます。またキャリアコーチングを受けると、具体的なキャリア目標を設定できるので目標に基づいた行動ができるようになります。

専門的な知識を身に着けたい方は専門分野に特化したスクール、転職するか決めていないけどキャリアに漠然とした不安がある方はキャリアコーチングがおすすめです。

派遣社員からキャリアアップを目指す時のポイント3選

派遣社員からキャリアアップを目指す時のポイント3選

キャリアアップするには、どう行動すればいいんだろう…

キャリアアップするには行動が必要ですが、取るべき行動がわからないと困惑するでしょう。

派遣社員からキャリアアップを目指す時のポイントは、主に以下のとおりです。

明日から意識するだけで変われる方法を紹介するため、確認していきましょう。

自分が将来どうなりたいかを明確にする

2~3年後になりたい自分の姿を考えて具体的な目標を設定しましょう。

目標を持つと行動する方向性が明確になるため、仕事のやり方が変わり自己成長に繋がります。

目標を設定する際は、定量目標と定性目標を活用しましょう。定量目標とは具体的な数値で示す目標で、定性目標とは目指す状態や行動を質的に示す目標です。

たとえば、以下のような目標です。

  • 1ヵ月で3件の新規案件を獲得する(定量目標)
  • 携わっているサービスの利用者数を200名増やす(定量目標)
  • 「○○さんしかいない」と言われる存在になる(定性目標)
  • 業務の基礎スキルをつける(定性目標)

目的を達成するために、「何を」「いつまでに」「どうするか」といった目標を設定します。具体的な目標を達成するまでに必要な要素を洗い出すと、現在やるべき行動が明確になります。

目標に対してできることを整理して動く

目標を設定したら、目標を達成するために必要な要素を整理しましょう。整理すると「今何をすべきか」が明確になり、すぐに行動に移せます。

例えば以下の流れで要素を洗い出します。

目標:「1ヵ月で3件の新規案件を獲得する」の場合

  • 1ヵ月で3件の新規案件を獲得する→成約数を10%上げる、アポを20件増やす
  • 成約数を10%上げる→アポの音声を撮る、アポ音声を振り返る
  • アポを20件増やす→1日のDM数を20件増やす

このように要素をできるだけ細分化して、すぐに行動に移しましょう。

キャリアアップにつながる仕事に就く

キャリアアップする際に、身に着けたスキルが通用する仕事に就きましょう。スキルや経験がない状態ですぐにキャリアアップすることは難しいからです。

とくに、未経験者でも応募可能かつスキルを身に着けられる仕事に転職することをおすすめします。

たとえばフリーランスのプログラマーを目指している場合は、未経験者でも採用してくれるIT会社のエンジニア職がおすすめです。

そこに転職して、プログラミング力を身に着ければフリーランスのプログラマーとしても活躍できるでしょう。

目標達成するために足りていないスキルや知識を洗い出し、そのスキルを学べる仕事に就きましょう。

キャリアアップできないと悩む派遣社員におすすめな3つの相談先

キャリアアップできないと悩む派遣社員におすすめな3つの相談先

一人でキャリアアップできるか不安…キャリアの相談できる人が周りにいない…

キャリアについて相談できる方が周りにいないと、不安になるでしょう。

キャリアアップできないと悩む派遣社員におすすめな相談先は、主に以下のとおりです。

一人で悩むよりも、誰かに不安や悩みを話すことですっきりするため、参考にしてください。

キャリアコーチング

キャリアコーチングは仕事に関するプロから総合的なアドバイスを受けれるサービスです。

相談者とプロで対話しながら自身が気づいていない癖に気づけたり、適職が明確になったり、納得のいくキャリアプランを立てることができます。

以下の方におすすめです。

  • キャリアに漠然とした不安を感じている方
  • 自分の強みが理解できていない方
  • 自分に適した仕事を知りたい方
  • 現職に不満を抱えている方

キャリアコーチングによりサービスや料金が異なるので、さまざまなサービスを比較しながらご自身に合ったものを利用しましょう。

キャリアコーチングのメリットや得られる効果を詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

転職エージェント

転職エージェントは、転職希望者と人材が欲しい企業を結びつけるサービスです。

転職希望者に対して転職のアドバイスをしたり希望条件に合った求人の紹介をしてくれます。中には、履歴書の添削や面接練習をしてくれるエージェントもあります。

以下の方におすすめです。

  • 初めて転職する方
  • 希望条件に合った求人情報を探している方
  • 転職の選択肢を広げたい方
  • 転職について無料で相談したい方

さまざまな業界や職種の求人を取り扱っているため、転職の選択肢の幅を広げられます。

ハローワークなどの公的機関

公的機関は国が運営し、法的知識があるプロに相談できます。

もし勤め先が労働基準法に違反していたら、相談内容が行政指導につながる可能性があります。

以下の方におすすめです。

  • パワハラを受けている方
  • 長時間労働で疲弊している方
  • 無料で相談したい方

公的機関にはさまざまな種類があります。

たとえば全国に544か所あるハローワークは、求人を探している方におすすめです。住んでいる地域のハローワークに気軽に相談してみましょう。

また、全国47か所に拠点があるキャリア形成学び直し支援センターでは、キャリアコンサルティングを行っています。キャリアに関する相談を検討している方におすすめです。

派遣社員からでもキャリアアップは目指せる!

キャリアコーチングはpotenコーチングがおすすめ

この記事のまとめは以下のとおりです。

  • 派遣社員のキャリアアップ先は「派遣元の正社員」「派遣先への直接雇用」「他会社への転職」
  • 派遣社員からキャリアアップするには「資格取得する」「実績を作る」「キャリア形成支援を活用する」
  • キャリアアップに関する相談先は「キャリアコーチング」「転職エージェント」「公的機関」

派遣社員でもスキルをつけて経験を積み重ねればキャリアアップできます。

まずは将来の目標を立てて、目標を達成するために必要な行動を洗い出しましょう。そして今やるべきことを明確にし、キャリアアップに向けて毎日行動を積み重ねることが重要です。

しかし、一人で毎日行動していると「努力の方向性は合っているの?」「本当にキャリアアップできるの?」と不安になるでしょう。

そこで、一人で悩みを抱え込まずキャリアのプロに相談することをおすすめします。

potenコーチングは、仕事に関するプロと一緒にキャリアアップ先を決めたり、キャリア構築するために必要な要素を洗い出したりできます。キャリアアップに関して聞きたいことがある方は、ぜひ無料カウンセリングを申し込んでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次