社会人3年目で成長してない自分とサヨナラ!5つの方法を徹底解説

【厳選】キャリアコーチングの受講で失敗しない4つの選び方とは?

社会人3年目になったのに、成長できていない…

成長を感じられないから仕事がつまらない…

社会人3年目になっても成長を感じられず、不安や焦りを感じている方もいらっしゃると思います。

この記事では、社会人3年目の方に向けて成長していない原因と対処法を紹介します。

  • 社会人3年目になっても成長していない理由が分かる
  • 成長していない状況から脱出する方法が分かる
  • 自分に合った相談先が見つかる
目次

社会人3年目でも成長してないと感じる理由

社会人3年目でも成長してないと感じる理由

社会人3年目になったのに、成長してない気がする…

社会人3年目になったけど、自己成長を感じられないとつらく感じる方もいるのではないでしょうか。

成長してないと感じる理由は、主に以下のとおりです。

成長していない原因が分かれば、自分の足りていない部分が分かるので確認してみましょう。

いまの仕事内容に適正を感じない

得意分野といまの仕事内容が合っていないと、成長を実感しづらいかもしれません。

仕事内容が苦手な分野だと、頑張っても苦痛に感じてしまうことも多いでしょう。

一方で得意な分野を仕事に活かせると、能力を発揮できてパフォーマンスが上がります。

たとえば、以下のように向いている仕事内容があるはずです。

  • 一人でコツコツ作業することが好きな方はエンジニア職や事務職、研究職
  • 人とお話することが好きな方は営業職やコンサルタント職

自分の得意分野ややりたい仕事がいまの仕事でできているでしょうか。

できていないようならば、転職や部署異動も視野に入れてみましょう。

職場環境や人間関係が悪い

職場環境や人間関係が良くないと、職場に対する不満やストレスが積み重なってやる気が低下します。

場合によっては、ストレスをため込んで体調や精神的に不調をきたす可能性もあるでしょう。

とくに以下の職場環境や人間関係には注意してください。

  • 上司との価値観が合わない
  • 長時間労働がある
  • 休みが取れない

環境はモチベーションを左右する重要な要素なので、自分に合った環境を見つけましょう。

もし環境が合っていないと感じるなら、転職や部署異動も選択肢のひとつです。

業務の内容や進め方に分からない事がある

業務の内容や進め方が分からないと、「どうやって作業すればいいのか分からない」となって仕事ができない状態になるでしょう。

進め方が分からない方は、1人で解決しなければならないと思い込んで、一人で仕事を抱え込むことがあります。

分からないことがあったり、トラブルが生じたときはすぐに上司に相談しましょう。3年目でも進め方を理解するのが難しかったり、分からないことがあるのは珍しくありません。

上司に相談しづらい場合は、環境を変えることも解決策のひとつです。

仕事の裁量権がない

仕事の裁量権がなくて仕事の自由度がなく、成長を感じられない方もいるでしょう。

この方のように、裁量権がないと「やらされている感」が生まれ、やる気がなくなります。

また制約が多いと、仕事に挑戦する機会が減り、いつまで経ってもできるようにならないです。

以下のような企業は裁量権がないといえます。

  • 雑務しかできない
  • 仕事の進め方に関して指示が細かすぎる

仕事ができるようになってから裁量権を貰える職場ならば、「社会人3年目で仕事ができない状況から抜け出す5つの方法」に記載されている仕事術のとおりに行動してみてください。

目立つ実績や経験がない

目立つ実績や成績、資格がないと成長の実感を得られないでしょう。

成長を目に見える形で残すことでモチベーションが上がります。

実績や資格を積み上げるときは以下を意識しましょう。

  • キャリアプランなど目標をたてる
  • 目標を達成するために必要なスキルを洗い出す
  • スキルを上げる勉強を行う

この方もおっしゃっているように実績や資格を積み上げることで、転職するときにアピールできたり、仕事の幅も広がってキャリアアップに繋がります。

毎日5分でいいので、通勤時間や昼休み、お風呂の中、寝る前といった隙間時間を見つけることから始めましょう。

社会人3年目で成長している人の考え方や習慣

社会人3年目で成長している人の考え方や習慣

仕事ができる同期と自分は何が違うんだろう…

この方のように成長している同期と成長していない自分を比べることもあると思います。

実は、成長している人の考え方は共通しています。

成長している人の考え方や習慣は、主に以下のとおりです。

毎日意識を少し変えるだけで、成長できるので見てみましょう。

自身の業務の振り返りを行っている

成長している人は、困難な状況になった際に業務を振り返って自分が不足している部分を明確にしています。

振り返りをすると改善点が見つかるので、目標達成に一歩近づきます。

振り返りするときにおすすめなのが、P(計画)D(行動)C(評価)A(改善)です。

たとえば目標が「成約数を先月より4増やす」の場合、以下のようにPDCAを行います。

  • P(計画):成約数を4増やす
  • D(行動):アポを100人に行う
  • C(評価):アポを100こなせていないので、成約率を上げる
  • A(改善):成約率を上げる方法を模索する

PDCAを繰り返して業務を振り返ると、自分のできていなかったところができるようになります。

目標を少し高く設定して行動している

成長している同期は、少し頑張れば達成できるような高い目標を設定していることが多いです。

簡単に達成できる目標を設定すると、現状に留まることになり成長しません。

目標を設定することで、「どうすれば目標を達成できるか」考えるので自然と行動力が上がります。

たとえば「先月より成約数を2増やす」「先月1時間かかっていた作業を50分でできるようにする」といった目標です。

少し高い目標を掲げて、達成することで仕事のモチベーションも高められます。

自分磨きやスキルアップを継続して行っている

成長している人は、勤務時間外も自分磨きやスキルアップするために勉強しています。スキルアップすると、新たな業務を任されたり、昇進したり、転職や独立する際に有利になります。

キャリア目標を設定して、目標を達成するために必要なスキルや資格を把握し勉強しましょう。

まずは以下のような、始めやすいところから手をつけましょう。

  • 本を読む
  • 新聞を読む
  • 副業を始める
  • 資格を取る

一部の企業では、資格取得にかかる費用のサポートもしているので活用してください。

社会人3年目で仕事ができない状況から抜け出す5つの方法

社会人3年目で仕事ができない状況から抜け出す5つの方法

仕事ができるようになりたい!

仕事ができない状況から抜け出して、仕事ができるようになりたい方も多いでしょう。

仕事ができない状況から抜け出す方法は、主に以下のとおりです。

無理せずにできる方法からやってみましょう。

いまの仕事を基礎からおさらいする

いまの仕事を基礎からおさらいして、スキルを磨きましょう。

基礎ができていないまま応用に進もうとしても、うまくいきません。

基礎という土台をしっかり身につけることで、仕事の成果も出せるようになります。

基礎を学ぶとは以下のようなものです。

  • プログラミングの基礎を身につける
  • アポの取り方を学ぶ
  • 締め切りを厳守する
  • 報連相を行う

スキルだけでなく社会人としての当たり前のことも磨くと、周囲からの信頼を得られます。

上司に業務内容について相談する

いま行っている業務内容に疑問や不安点が生じたら、上司にすぐ相談しましょう。

分からないまま放っておくと、大きなミスに繋がる可能性があるからです。

上司が忙しそうな場合は、相談しにくいこともあるかと思います。

相談するときは以下に注意してください。

  • 同じことを何度も尋ねない
  • 適切なタイミングで上司に声をかける
  • 調べて分かることは質問しない
  • 聞いたことはメモに取る
  • 結論から伝える

一人で抱え込まずに相談することで、解決の糸口が見つかるでしょう。

自分に足りない部分や向いていることを分析する

自分に合った仕事や足りないスキルを把握するために、自己分析を行いましょう。

いまの自分を把握するだけで、次に取るべき行動が明確になります。

自己分析の手段として、モチベーショングラフを活用することがおすすめです。

モチベーショングラフでは以下の流れで自己分析します。

  • 幼少期から現在までの出来事のモチベーションを波のように紙に書き出す
  • 出来事が起こった際の感情や思考を書く
  • 「なぜこの感情になったのか」「どういうところが嬉しかった/つらかったのか」と深堀りする
  • 嬉しい時、悲しい時、つらい時の共通点を見つけ出し言語化する

自己分析によって、自分が本当にやりたいことや向いていることを見つけるヒントが得られるでしょう。

スキルアップのために勉強する

勤務外でもスキルアップのために時間やお金を投資することも重要です。

知識やスキルを身につけることで、できる仕事の幅が広がり成長を感じられます。

スキルといってもさまざまな種類があるので、自分の職種に合ったスキルを身につけましょう。

例として以下のようなスキルです。

  • エンジニア職ならプログラミング力
  • 営業職なら提案力
  • 事務職ならOfficeソフトのスキル

自分の職種に必要だけど足りていないスキルを探して勉強しましょう。

異動や転職などで環境を変える

部署異動や転職をして、自分に合った環境で仕事することがおすすめです。

裁量権のない会社で働いていたり、自分のやりたいことや得意なことを活かせない仕事に就くといつまでたっても成長しないでしょう。

新しい環境で仕事をした時に、また同じ理由で転職や異動しないよう以下の点に注意してください。

  • いまの環境で成長していない理由を探す
  • 成長していないのは環境が原因なのか知る

自分の得意なことを活かせる部署に異動したり、転職しましょう。

キャリアアップを目指す場合の具体的な相談先3選

キャリアアップを目指す場合の具体的な相談先3選

スキルがなくて、今後キャリアアップできるのか不安…

毎日仕事はしているけど今後のキャリアが不透明で不安な方もいると思います。

今後のキャリアについてはキャリアに関するプロに相談することもおすすめです。

キャリアアップを目指す場合の具体的な相談先は、主に以下のとおりです。

自分に合った相談先を見つけましょう。

キャリアコーチング

キャリアに関するプロとお話しして、プロの視点からアドバイスをもらえます。

自己分析を行うのでいままで気づけなかった自分の強みに気づけたり、自分の向いている仕事が明確になります。またプロと一緒に今後のキャリアプランを立てるので、将来の不安が軽減されるでしょう。

以下のような方におすすめです。

  • キャリアに漠然とした不安を抱えている方
  • 自分に合った仕事が分からない方
  • 自分の強みが分からない方

キャリア全般に悩みを抱えている方は、キャリアコーチングに相談すると良いでしょう。

キャリアコーチングのメリットや得られる効果を詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

転職エージェント

転職希望者と人材が欲しい企業の仲介となり、マッチングさせるサービスです。

転職希望者に求める仕事の条件や希望を聞いて、それに合った企業を提案します。履歴書の添削や面接練習のサポートをしているエージェントもあります。

以下のような方におすすめです。

  • 転職市場の最新情報を知りたい方
  • 転職したいけど何から始めればいいのか分からない方
  • 求人情報が欲しい方

早く転職したい、転職に関する情報を得たい方は転職エージェントに相談しましょう。

ハローワークなどの公的機関

公的機関は国が運営しており、法的知識のある方に相談できます。

勤めている会社が労働基準法に違反している場合は、相談内容が行政指導に伝わる可能性があります。

以下のような方におすすめです。

  • パワハラを受けている方
  • 長時間労働で疲弊している方
  • 無料で相談したい方

働いている環境に違和感を感じている方は、公的機関に相談しましょう。

例えば、ハローワークは全国544か所あり転職の相談ができます。住んでいる区域のハローワークに気軽に相談してみましょう。

ほかにも以下のような機関があるので相談してみてください。

社会人3年目からでも成長するためには行動あるのみ

キャリアコーチングはpotenコーチングがおすすめ

この記事のまとめは以下のとおりです。

  • 社会人3年目でも成長していないと感じる理由は「仕事内容や職場環境が合っていない」「仕事の進め方が分からない」
  • 仕事ができない状況から抜け出す方法は「基礎から学びなおす」「相談する」「自己分析する」「環境を変える」
  • 仕事に関する相談先は「キャリアコーチング」「転職エージェント」「公的機関」

社会人3年目で成長しない主な原因は、仕事内容や職場環境が自分に合っていないケースが多いです。自分の得意分野を活かせないと、中々成長できずに、仕事がしんどくなります。

この状況を抜け出すには、部署異動や転職をして環境を変えたり、自分に合った環境を分析することが重要です。

といっても「一人で自己分析できるか不安」「自分は仕事できないからキャリアアップできるか不安」「いま後のキャリアプランが不透明」という悩みを抱えている方も多いでしょう。

悩みは一人で抱え込まないで第三者に相談することがおすすめです。

potenコーチングでは、キャリアの知識が豊富なプロと相談できます。また、自己分析も正しい方法で行うため自分の適職ややりたいことが見つかります。気になる方は、ぜひ無料カウンセリングを申し込んでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次