まだ社会人3年目なのに疲れた…対処法やしてはいけないことを紹介

まだ社会人3年目なのに疲れた…対処法やしてはいけないことを紹介

社会人3年目になってから、疲労感が増した…

疲れた状態のまま仕事を続けると、ミスが増える…

社会人3年目になって仕事がマンネリ化し、疲れている方がいらっしゃると思います。

この記事では、社会人3年目の方に向けて疲れたときの対処法を紹介します。

  • 社会人3年目になって疲れた理由が分かる
  • 疲れているときに起こしてはいけない行動が分かる
  • 自分に合った相談先が見つかる
目次

社会人3年目で疲れた・辛いと感じる主な理由

社会人3年目で疲れた・辛いと感じる主な理由

社会人3年目になってから仕事が憂鬱になった…

社会人3年目になってから仕事で疲れを感じたり、辛いと思う回数が増えた方も多いのではないでしょうか。

疲れを感じたり、辛いと思う理由は、主に以下のとおりです。

理由を知るだけでもつらさが軽減されるので、よくある理由を確認してみましょう。

がんばっても認めてもらえない

自分の努力が上司に評価されず憂鬱になることもあると思います。

自分の実績が認められて周りから評価されるようになると、モチベーションが上がります。

頑張りが評価されないのであれば、以下を試してみましょう。

  • 自分の成果を積極的にアピールする
  • 上司とのコミュニケーションを大切にし、相談する
  • 周りの人に感謝を伝える

評価の決定権が上司で、どれだけ努力しても認めてもらえないのであれば、働く環境を変えることも検討しましょう。

成長してないと感じる

毎日同じ作業の繰り返しで、成長している実感がないかもしれません。

前に進んでいる感覚を感じるのは、モチベーションを上げる重要な要素です。

そこで毎日、少し頑張れば達成できそうな小さな目標を立てることをおすすめします。

たとえば「いつも1時間かかるタスクを50分でやってみる」といった目標です。

目標を毎日達成することで、成長している感覚を感じられます。

同僚や後輩と比較してしまう

仕事ができる同僚や部下と自分を比較して、「自分は仕事ができない」と思うこともあるでしょう。

自分と他人を比較することで、自分の出来ていない部分が浮き彫りになり劣等感が強くなります。

他人と比較するのではなく、昨日の自分と比較しましょう。

「どこが昨日より成長しているのか」に注目し、成長した部分をほめます。

こうすると、他人と比較することが減り自己嫌悪に陥ることが減ると考えられます。

プライベートが充実していないと感じる

残業続きでプライベートの時間を確保できなかったり、プライベートが充実していないと、仕事漬けの生活になって疲れるはずです。

プライベートで抱えている悩みを仕事中もずっと考えてしまうこともあります。

仕事とプライベートを明確に分けて、仕事にメリハリをつけましょう。

メリハリをつけるために意識することは以下のとおりです。

  • 仕事とプライベートの時間を分ける
  • 仕事を忘れられる趣味を作る

プライベートと仕事のスイッチを切り替えることが重要です。

会社や職場環境に違和感を感じている

仕事自体が順調であっても職場の環境が悪いと、誰でも疲れるのではないでしょうか。

職場は一日の大半を過ごす場所であり環境が合わなければ、ストレスや身体的疲労だけでなく健康問題を引き起こす可能性があります。

とくに以下のような職場環境は要注意です。

  • 上司がパワハラを行っている
  • 同じ部署の人間関係がギスギスしている
  • 毎日夜遅くまで働かなければならない

働いている環境が合っていない場合は、転職や部署異動を検討してみましょう。

社会人3年目で疲れたときの対処法4選

ベンチでうつむくスーツの男性

どうすれば疲れが取れるんだろう…

このように今すぐに疲れを取りたい方もいるのではないでしょうか。

疲れたときの対処法は、主に以下のとおりです。

意識するだけでも疲れが軽減する方法を紹介するので、確認してみましょう。

1.完璧に仕事をこなそうとしない

完璧を目指すのではなく、70%の力で仕事に取り組んでみましょう。

責任感が強く完璧主義の方ほど、疲れを感じやすい傾向があります。

完璧を求めすぎると、「任された仕事だからしっかりやらないと」「小さなミスをしてしまった…自分は仕事ができないのかも」と気分が落ちたり、自分を責めがちになります。

適度に気を抜いて仕事へ取り組むために以下を取り入れましょう。

  • 「70%達成すれば合格」と捉える
  • 失敗しても「まだ伸びしろがある」と捉える

このように仕事の姿勢や失敗の考え方を変えることが重要です。

2.仕事を楽しむ方法を考える

目標を達成すればご褒美、達成できなければペナルティがあるような、ゲーム感覚で仕事を楽しみましょう。

毎日同じタスクの繰り返しだと仕事がマンネリ化して、モチベーションが低下します。

モチベーションを上げるには、たとえば仕事に変化を加えることがおすすめです。

たとえば「今日は必ず定時退社する」といった、少し頑張れば達成できる目標を設定します。

小さな目標をクリアしていくことで達成感を味わい、仕事に楽しみを見出しましょう。

3.休みやリフレッシュできる時間をしっかりとる

仕事から一旦離れて、リフレッシュする時間をとりましょう。

息抜きの時間を確保すると疲労が取れ、仕事に集中して取り組めます。

休みの日に何すればいいのか分からない方は、以下のリフレッシュ方法がおすすめです。

  • 映画を見る
  • 旅行する
  • 登山する
  • ショッピングする

プライベートでしっかり休息が取れると「疲れが取れたから、明日から仕事頑張ろう」と切り替えられます。

4.信頼できる人や仕事の悩みに関するプロに相談する

信頼できる同期や上司、友達、場合によってはキャリアのプロに相談しましょう。

相談すると自分が思いつかなかった解決策が得られたり、自分の気持ちを言語化して気持ちが軽くなります。

相談するときに心がけることは、以下のとおりです。

  • 自分の気持ちを整理する
  • 相手に「時間が空いているか」確認する

知識の豊富なプロからアドバイスが欲しい場合は、キャリアコーチングや転職エージェント、心療内科、公共機関に相談することをおすすめします。

これらの相談先の特徴は後程説明します。

仕事に疲れた場合のNG行動

仕事に疲れた場合のNG行動

疲れていると、入ってくる情報を脳が処理できず適切な判断ができなくなったりミスしやすくなり、生活や仕事に悪影響が出る可能性が高いです。

悪影響が出ないように、疲れた場合のNG行動を説明します。

疲れたときに起こしてはいけない行動は、主に以下のとおりです。

疲れているとやりがちな行動なので、注意しましょう。

深く考えず仕事を辞める

今の仕事が嫌なので辞めようかな…

このような今の状況から逃げるような無計画の転職は危険です。

何が嫌だったのかをはっきりさせないと、新しい職場でも同じ悩みを抱えてまた転職する可能性があります。

今の仕事を辞めたい場合は、以下の点を明確にしたうえで転職しましょう。

  • 前職で不満だった点
  • やりたい仕事
  • 自分に合った環境

これらを明確にしてから転職すると、新しい職場でも同じ悩みに直面する可能性が低いです。

無断欠勤をする

仕事に行くのがつらくても、無断欠勤は避けましょう。

無断で休むことは仕事の責任を放棄したことになり、上司や同僚に迷惑をかけます。

やむを得ず、無断欠勤してしまった場合の対処法は以下のとおりです。

  • できるだけ早く会社に連絡する
  • 関係者に謝罪する
  • 理由は素直に伝える

仕事を休むこと自体は悪いことではないため、必ず会社に連絡してから休むようにしましょう。

やる気がないことを前面に出す

仕事のモチベーションが低くても、顔や態度に出すのは辞めましょう。情熱が人から人へと伝わるように、やる気のなさも人から人へと伝わります。

やる気のないことが上司や同僚に伝わると、「給料貰っているんだから仕事してくれよ」などと思われ社内での立場が悪くなる可能性があります。

またやる気のないままだらだらと仕事すると、スキルを身に付けたり実績を残せず時間の無駄になりやすいです。

仕事をゲーム感覚でこなすなどの工夫をして、仕事を楽しくする方法を見つけてみましょう。

辛い気持ちを我慢し続ける

辛い気持ちを押し殺して我慢し続けることは危険です。

我慢していると自分の気持ちが分からなくなります。そして感情を押し殺しづけると、感情が爆発してストレスが限界に達する可能性もあります。

辛い気持ちを我慢しがちな方は以下を意識しましょう。

  • 仕事から一旦離れて休息をとる
  • 信頼できる人に悩みを聞いてもらう
  • 今の気持ちを紙に書いて整理する

悩み事を一人で考えると、視野が狭くなりもっと辛くなります。自分の気持ちや悩みを言葉にして人に伝えることで、気持ちが軽減されるでしょう。

社会人3年目で疲れたときの相談先

社会人3年目で疲れたときの相談先

辛い気持ちを我慢しているけど、本当は誰かに相談したい…

だれかに相談したいけど、身近に相談できる人がいない方もいると思います。

実は、誰でも気軽に相談できる機関があります。

疲れたときの相談先は、主に以下のとおりです。

相談したい内容別に相談先を紹介するので、自分に合った相談先を見つけましょう。

キャリアコーチング:キャリア全般を相談したい場合

キャリアコーチングは、仕事の悩みや将来のキャリアについて相談でき、キャリア設計のサポートをしてくれるサービスです。

ほかにも以下の特徴があります。

  • 自己分析できる
  • 将来のキャリアが明確になる

「このまま同じ会社に居続けるか迷う…」「やりたいことが分からない」といったキャリア全般に悩みを抱える方におすすめです。

キャリアコーチングのメリットや得られる効果を詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

転職エージェント:転職をメインに考えている場合

転職エージェントは、転職希望者の経験やスキル、給与などの条件を確認し、それに合った求人を紹介してくれるサービスです。

転職サイトのように、希望の求人に自由に応募することが難しいです。応募可能な求人数が決められている可能性があるため、希望の求人が掲載された場合はすぐに申し込みましょう。

ほかにも以下の特徴があります。

  • 履歴書の添削や面接の練習などをサポートをしてくれる
  • 無料で転職に関する相談ができる
  • 転職市場の現状が分かる

「転職活動中だけどいい求人が見当たらない…」といった転職活動の具体的な悩みを抱える方におすすめです。

心療内科:精神的な疲れが強い場合

心療内科は、ストレスや精神的疲れからくる体調不良を治療してくれます。

あくまでも心身の不調を改善したりや治療することが中心になるため、根本的な解決のために別の機関も活用するとよいでしょう。

ほかにも以下の特徴があります。

  • 症状に応じて薬が処方される
  • 症状に応じて休職のために提出できる診断書が貰える
  • 医師やカウンセラーと相談できる

「仕事していると動悸がする」「無気力になってしまった」といった仕事のストレスや疲れから体調を崩している方におすすめです。

公的機関:会社や職場環境に違和感を感じる場合

労働条件やパワハラなどは、公的機関のサービスに相談するとよいでしょう。

例えば、今の働き方が労働基準法に違反している場合は、相談内容をもとに行政指導をいれることができます。

主に以下のような特徴があります。

  • 無料で相談できる
  • 法的知識がある方に相談できる

「パワハラされていて、疲れてしまった…」「ブラック企業で働いていて、ストレスが限界にきている」といった会社や職場に違和感を抱えている方におすすめです。

会社について悩んでいる方は、以下のような機関に相談してみてください。

社会人3年目で疲れたら誰かに相談してみよう

キャリアコーチングはpotenコーチングがおすすめ

この記事のまとめは以下のとおりです。

  • 社会人3年目が疲れる理由は「仕事がマンネリ化している」「他人と自分を比較する」「職場の雰囲気が悪い」
  • 疲れを取る対策は「リフレッシュする」「仕事はゲーム感覚で楽しむ」「完璧にこなそうとしない」「誰かに相談する」
  • 仕事に関する相談先は「キャリアコーチング」「転職エージェント」「心療内科」「公的機関」

社会人3年目は仕事がマンネリ化して、自己成長を感じられなくなり疲れがたまるでしょう。

毎日少し頑張れば達成できる目標を設定して、目標を達成出来たら自分をほめることがおすすめです。こうすると、自己成長を感じることができます。

また、今の辛い気持ちや悩みを人に相談することもおすすめです。

相談すると、自分の気持ちが整理されたり自分では気づかなかった解決法が見つかるかもしれません。

もし身近に相談する人がいなければ、仕事の悩みに関するプロに相談しましょう。

potenコーチングでは、キャリアのプロに仕事の悩みを相談できます。悩んでいる内容が解決できそうか気になる方は、ぜひ無料カウンセリングを申し込んでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次