社会人2年目で疲れた・つらいあなたへ。5つの対処法をご紹介!

社会人2年目で疲れた・つらいあなたへ。5つの対処法をご紹介!

まだ社会人2年目だけど疲れた…

このまま同じ会社に残るか迷う…

社会人2年目になると職場や社会人の実態が明確になってくるため、仕事に対する不安や悩みが増える方もいらっしゃると思います。

この記事では、社会人2年目で疲れた人に向けて5つの対処法を紹介します。

  • 社会人2年目になると疲れる原因が分かる
  • 疲れた時の対処法が分かる
  • 仕事の悩みの相談先が見つかる
目次

社会人2年目が疲れたと感じるよくある理由

社会人2年目が疲れたと感じるよくある理由

まだ社会人2年目なのに、なんだか疲れた…

こんな風に感じると、「今の会社でやっていけるのか」「ほかの人は優秀なのに自分だけ……」と不安になってしまうこともあると思います。

社会人2年目で疲れてしまう多くの理由は、主に以下の理由です。ひとつひとつ確認していきましょう。

新人扱いされなくなる

入社2年目になると後輩が入社してくるため、新人扱いされなくなります。

入社1年目は右も左もわからないので「まだ知らないだけだから、できなくても仕方がない」と教えてもらう側です。2年目になると後輩が入社してきて「教える立場」になり、以下の変化が起きます。

  • 仕事量が増える
  • 分からないことやできないことが当然ではなくなる
  • 責任感のある仕事を任される

とくに研修が手厚い会社だと、年次によって扱いが急に変わる可能性が高いです。

後輩ができてプレッシャーを感じる

責任感が強い人や後輩に見下されたくない人、ライバル意識が強い人にとって、後輩の存在はプレッシャーとなるでしょう。

後輩が非常に優秀だと、自分と後輩を比較して「自分は仕事ができない」「人事評価が悪くなるかも」「自分の仕事を後輩に取られるかも」といった悩みが増えます。

上司が「後輩に追い抜かれないように」とプレッシャーをかける場合もあるため、2年目はプレッシャーを感じやすい時期といえます。

同僚と比較してしまう

同僚と比較すると「自分は仕事ができない」と自己評価が低くなりがちです。

最初は同じレベルからスタートしましたが、1年が経過すると周りとの差が現れ始めます。

なぜこんなに努力しているのに結果が出ないのだろう

この仕事は向いていないかも

上司から高く評価される同期や周りから好かれている同期と自分を比較すると、このように悩むでしょう。

周りと比較するのではなく、昨日の自分と比較することが重要です。

仕事ができない・向いていないと感じる

2年目になると「今の仕事に向いてないかも」「今の仕事がつまらない」「このまま会社にいても仕方がない」と悩む機会が増えると考えられます。

2年目は1年目に比べて、社会人の経験が積み重なって職場の実情が明確になります。また、日常的に上司から指摘されたり、後輩や同期と比較されたりする機会が増えるかもしれません。

たとえば営業職だとノルマが課せられ、周りとの営業成績の差で悩むでしょう。

このような状況のときは、目標設定と自己分析をして自分の足りていない部分を把握することをおすすめします。

今の職場に不安・不満を感じる

社会人2年目は、入社前に予想していた職場の雰囲気と現実にギャップがあり、今の職場に不安や不満を感じ始めます。

時間が経つにつれて、職場の雰囲気が自分に合っているか分かるでしょう。

会社によって、昔の価値観を大切にする会社や変化に合わせて柔軟に対応する会社など雰囲気が違います。とくに、人間関係が悪かったり、社員への配慮が不足している職場は精神的に大きな影響を与えます。 

もし現在の職場に不安や不満を感じているならば、他の職場を検討しましょう。

社会人2年目で仕事に疲れた・つらいときの対処法

社会人2年目で仕事に疲れた・つらいときの対処法

社会人2年目は、1年目に比べて仕事に対して疲れたりつらくなる機会が増えるでしょう。

疲れたときは、以下の6つの対処法を試してみてください。

休みをしっかり取りリフレッシュする

疲れを軽減するには、仕事から一旦離れてリフレッシュすることが重要です。 リフレッシュの時間は仕事の悩みを忘れられるため、気分転換できます。

自分に合ったリフレッシュ方法が分からない人は、以下を試してみてください。

  • 運動する
  • 読書や映画を楽しむ
  • 友達と話す

「仕事で疲れた時は〇〇をする」とあらかじめ決めておくと、仕事と休息を切り替えやすいです。

仕事に対する考え方を変える

仕事に対する行動を変えると考え方も変わります。

まずは以下の行動を試してみてください。

  • 仕事ができる先輩の行動を真似する
  • 質問するときは「〇〇だと考えたけれど、認識は合っていますか?」と自分の意見を述べたうえで質問する

これらを実践して習慣化すると、以前よりも仕事や人間関係がよくなっていると実感するでしょう。

そして仕事に対して「めんどくさい」「やりたくない」といったマイナスの考え方から「もっと成長したい」「大変だけど楽しい」という考え方に変わります。

わからないことがあれば素直に聞く

社会人2年目はまだ新人の段階であるため、わからないことがあれば上司に質問しましょう。

社会人2年目になると仕事に慣れる一方で、後輩が入ってくるためプライドが高まる傾向があります。そして仕事ができない印象を与えたくないため、質問することをためらいがちです。

「〇〇がわからないので教えてください」ではなく以下のように質問しましょう。

〇〇と考えたのですが、合っていますか?

具体的にどこがわからないのか、作業の進捗状況や自分がどのような手順で進めてきたかを説明します。

分からないことを放置すると仕事のミスにつながる可能性があるため、分からないことはクリアにしましょう。

自分に足りない部分を分析してみる

自己分析や他己分析を行って、自分に足りていない部分を分析しましょう。仕事にプレッシャーを感じると、「何ができていて、何ができていないのか」が客観的に見えなくなります。

そこで客観的に自分の状態が分かる方法が、他己分析です。

他己分析をしてくれる人がいない場合は以下の手順で自己分析を行います。

  • 生まれてから現在まで自分の生きてきた歴史を文章化する
  • 生まれてから現在までのイベントに対するモチベーションの上がり下がりをグラフで表す
  • 「なぜモチベーションがあがったのか?」「なぜ、この選択肢をしたのか?」と深堀りする
  • 理由の共通点を見つけて言語化する

自己分析や他己分析をすると自分の足りていない部分が分かるため、仕事の向き合い方や方向性が定まります。

スキルアップにお金や時間を使う

スキルに伸び悩んでいたり、自分の不足している部分が分かったら自己投資をしましょう。自己投資すると知識やスキルがつくので、仕事の成果に結びつく可能性があります。

以下のような領域を学ぶのがおすすめです。

  • 会社から推奨されている資格勉強
  • ビジネスマナー
  • マーケティングやプログラミング、語学など

スキルアップに時間を使わないと、周りとスキルに差が出てきて自信をなくす可能性があります。自分に足りていない部分を把握したら、積極的に自己投資するようにしましょう。

誰かに相談してみる

友人や家族とのコミュニケーション時間を増やして相談してみましょう。独りで悩みを抱え込んでいると、反芻思考を繰り返して周りが見えなくなります。

新たな視点やアイデアを得たい場合は「〇〇な状態なんだけど、どうすればいいかな?」と相談し、気持ちを軽くしたい場合は「〇〇で辛いんだよね。」と自分の気持ちを相手に打ち明けることが大切です。

解決策が欲しいのか、気持ちを軽くしたいのかで相談する内容を変えてみてください。

仕事やキャリアの悩みに関する相談先

仕事やキャリアの悩みに関する相談先

仕事やキャリアの悩みは人に相談したり、他己分析をしてもらうことで解決します。

周りに相談する人がいない場合は、以下の4つの相談先に相談することをおすすめします。

キャリアコーチング:キャリア全般の悩みの場合

特徴など内容
特徴自分に合った適職が見つかる納得したキャリアを構築できる
メリット自分で納得したキャリアを歩める
デメリット結果が出るまで時間やお金がかかる
おすすめの人キャリア構築に悩んでいる人

キャリアコーチングは、仕事やキャリアの悩みをコーチに相談できるサービスです。

まず自己分析をして自分の強みや弱みを知り、自分に合ったキャリアの目標を決めます。そして、目標を達成するまでに必要なスキルを向上させたり、転職をサポートしてくれます。

そもそも転職するか迷う…

自分のやりたいことがわからない…

このような悩みがある人におすすめです。

社会人2年目になると職場や社会人の実態が明確になってくるため、仕事に対する不安や悩みが増える方もいらっしゃると思います。

キャリアコーチングサービスは、Potenやマジキャリ、キャリート、キャリドラ、スゴキャリなどがあります。

転職エージェント:転職を前提にする場合

特徴など内容
特徴希望する条件の転職先を探してくれる面接対策やES添削してくれるところもある
メリット短期間で転職できる
デメリット転職意欲が低いと相談に応じてもらえない場合がある
おすすめの人転職先を探している人早く転職したい人

転職エージェントはキャリアアドバイザーに相談すると、自分が望んでいる条件の会社を紹介してくれます。また、エージェントによって面接対策をしてくれる場合もあります。

転職先を早く見つけたい人におすすめです。

転職エージェントは、リクルートエージェントやdoda、ビズリーチ、マイナビエージェントなどが人気です。

カウンセラー・心療内科:精神的なつらさが強い場合

特徴など内容
特徴専門家に悩みを話せる症状に応じて薬が処方される
メリットポジティブに切り換えられる症状が緩和する
デメリット悩みの根本解決にならない可能性がある
おすすめの人人間関係などが原因で鬱や適応障害の症状が出ている人

カウンセリングは心理カウンセラーと患者の1:1で対話し、必要に応じて薬が処方されます。

カウンセリングを受けるときは、国家資格の「公認心理士」か民間資格の「臨床心理士」のいずれかの資格を持つカウンセラーに相談することをおすすめします。

カウンセラーによって得意とする分野が異なるため仕事や職場に関する悩みは、その分野を得意としている心理カウンセラーに相談しましょう。

公的機関:職場・会社の環境に違和感を感じる場合

特徴など内容
特徴過重労働やハラスメントなどによるメンタルヘルスについて相談できる
メリット労働基準監督署や行政指導の部署に報告してもらえる
デメリット相談したことが会社にバレる可能性がある
おすすめの人自分の口から会社に対して指摘できない人

公的機関は、国が直接運営していたり国の委託で運営している機関です。

相談内容により、調査が入って会社に指導や是正勧告をする場合があります。

長時間労働しているのに給料が安すぎるなど、労働条件や職場の環境で悩んでいる方には、パワハラや不当な減給などを相談できる総合労働相談コーナーがおすすめです。

総合労働相談コーナー以外にも「みんなの人権110番」などさまざまな相談先があります。相談したい内容に合った相談先を探しましょう。

会社のことについて相談したい方は、以下のような機関に相談してみてください。

社会人2年目のつらさを誰かに相談してみよう

キャリアコーチングはpotenコーチングがおすすめ

この記事のまとめは以下のとおりです。

  • 社会人2年目が疲れる理由は「後輩が会社に入ってきてプレッシャーを感じる」「仕事の責任が重くなる」「職場の実情が分かる」
  • 疲れを取る対策は「リフレッシュする」「仕事の向き合い方を変える」「スキルアップのために自己投資する」「誰かに相談する」
  • 仕事に関する相談先は「キャリアコーチング」「転職エージェント」「カウンセラー」「公的機関」

社会人2年目は後輩が入ってきてプレッシャーを感じやすかったり、仕事の責任が重くて疲れがたまるでしょう。仕事の悩みが多いときは人に相談することがおすすめです。

人に相談すると新たな視点やアイデアを得られたり、気持ちが軽くなったりします。

もし身近に相談する人がいなければ、キャリアコーチングや転職エージェント、カウンセラー、公的機関に相談しましょう。

相談先はそれぞれメリットやデメリットがあるので、自分の相談したい内容に合わせて相談先を選ぶことが重要です。

potenコーチングでは、仕事やキャリアの悩みを専門家に相談できます。社会人2年目で「このまま同じ職場に残るか迷う」「自分のやりたいことがわからなくなった」と悩みを抱えている人におすすめです。

キャリアコーチングがどういうサービスなのかわからない人は、ぜひ無料カウンセリングを申し込んでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次