【解説】キャリアコーチングで得られる効果とは?効果を上げるポイントも!

【解説】コーチングを受けると得られる効果とは?効果を上げるポイントも!

キャリア全般に関することもコーチングがあるって本当?

本当にキャリアコーチングは転職に効果があるの?

キャリアコーチングを受けるときのポイントは?

キャリアコーチングの名前は聞いたことがあるけど、どんな効果があるかが明確でない方もいらっしゃると思います。

キャリアコーチングは自分の思い描くキャリアを実現させる効果がありますが、ほかにはどのような効果があるのでしょうか?

この記事では、キャリアコーチングの向き不向きやキャリアコーチングを受けると得られる効果、効果を上げるポイントについて解説します。

キャリアコーチングを受けようか検討している方やキャリアコーチングに興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

  • 自身がキャリアコーチングに向いているかわかる
  • キャリアコーチングを受ける際に気を付けることがわかる
  • キャリアコーチングの効果を上げるポイントがわかる
目次

そもそもキャリアコーチングとは?

キャリアコーチングとは何か?

キャリアコーチングはコミュニケーションを重ねて、相談者の自己分析を進め、今後のキャリア設計のサポートを行えるサービスのことです。

コーチは相談者の設定目標を把握し、相談者自身が持っている素質に気づかせることで、目標達成のサポートをします。そのときに重要なのが、相談者自身が気づいていない部分を引き出すアプローチです。

例えば、未経験からIT企業に転職したい場合は以下の流れでコーチングを行います。

  • 現在持っているスキルや強み、弱みを分析する
  • 必要なスキルや資格を取るために目標設定する
  • 目標を達成できるようにサポートする

コーチングの概要や種類を知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

poten「コーチングの種類とは?受ける目的や効果を初心者向けにわかりやすく解説」

どんな人がキャリアコーチングを受けると良い?

キャリアコーチングを受けたほうが良い人・向いていない人

これからのキャリアについて悩む方は、キャリアコーチングに興味を持ってこの記事をご覧になっているのではないでしょうか。

しかし、キャリアコーチングを受ける人にも向き・不向きがあります。

せっかくキャリアコーチングを受けたのに効果が出なかった…

こんな状況にならないよう、ここではキャリアコーチングを受けた方が良い人・向いてない人について解説します。

キャリアコーチングを受けたほうが良い人

キャリアコーチングを受けたほうが良い人の特徴は、主に以下の4つです。

  • 優柔不断
  • 転職で後悔したくない
  • 自分のやりたいことがわからない
  • 適職がわからない

キャリアコーチングを受けると、自己理解が深まります。コーチから質問やフィードバックを受けることで、自分では自覚していなかった側面に気づけます。

これまでの選択はどうやって選んできたのか

自分は将来的にどうなりたいのか

自分にはなにが不向きでなにが向いているのか

自己理解が深まると、こういったことが分かるのです。

キャリアコーチングを受けることで、自分に合った行動を選択できるようになり、納得したキャリアを構築できます。

キャリアコーチングを受けるのに向いていない人

キャリアコーチングを受けるのに向いていない人の特徴は、主に以下の2つです。

  • やりたいこと・やるべきことのビジョンが明確
  • 転職活動にお金をかけたくない

将来のビジョンやそこに至るまでの道筋を考えられている方は、自己分析をしたうえで自分のやりたいことを把握している場合が多いため、キャリアコーチングは必要ありません。

また、キャリアコーチングは約20万円~100万円かかるので、お金をかけられない人も不向きです。

やりたいことややるべきことが明確で、キャリア相談などにお金をかけずに転職をしたい場合は転職エージェントを利用するのがおすすめです。

キャリアコーチングを受けることで得られる効果・メリット

キャリアコーチングを受ける効果やメリット

キャリアコーチングを受けることで理想のキャリアややるべきことが明確になり、転職をより良い結果に導くことができます。

他にはどんな効果があるのでしょうか。

順番に見ていきましょう。

コーチングの受講生が感じた効果やメリットを知りたい方はこちらも参考にしてください。

poten「受講生の声」

自分の新たな可能性に気づくきっかけになる

コーチングのメリットは、相談者自身が気づいていない新たな可能性を発見する点です。

コーチングのセッションはコーチが相談者に質問するため、自身が気づいていなかった視点を見つけられます。そして物事を多角的に見る習慣がつき、問題や現在の状況を新しい視点から見られます。

たとえば組織内では、課題や問題が起きたときに経験豊富な方がメンバーに解決方法を教えるのが一般的です。しかし経験が豊富なほど、過去の成功や失敗に縛られ視野が狭くなっている可能性があります。コーチングを受けるとメンバーそれぞれの価値観や先入観のない意見を引き出して、組織全体で新たな解決方法が見つかるかもしれません。

このようにコーチングは、自身の気づいていない固定観念に気づけます。

迷わず行動できるようになる

深く考え納得のいく決断をした上で行動するため、行動に迷いがなくなります。

めんどくさい

目標達成できる自信がない

行動に迷う瞬間は、こういった「行動しない理由が浮かび上がるとき」です。

たとえば、東京から北海道に行くとき「めんどくさい」と感じる場合です。

北海道に行くまでの労力(飛行機やホテルの予約、準備)や費用(交通費や食費、ホテル代)以上のメリットを感じず、言い訳している可能性が高いです。

このように言い訳が浮かび上がるときは、労力に見合ったメリットを感じれていないのかもしれません。

コーチングでは、行動する前に浮かび上がった言い訳の原因を考えて、どこにメリットを感じていないのか見つけます。そして、行動しない原因の言い訳を解消します。

自主性や主体性を高めることができる

自分で考えて行動を選択するため、自主性や主体性が高まりモチベーションの維持が可能です。

コーチングはアドバイスや答えを教えるのではなく、相談者に繰り返し質問して思っていることや感じていることを気づかせます。相談者自身の内部で起こっている問題に気づき、その問題の解決方法を自分で考えるのが大切です。

こうすることで自己対話する習慣がつき、目標達成するまでに起こる障害を一人で乗り越えられるようになります。 相談者は自分から考えて行動できるようになるでしょう。

高いモチベーションで物事に取り組めるようになる

相談者自身が自ら考えて行動を選択することで、「自分が選択をコントロールしている」感覚になり、モチベーションを維持しやすくなります。

最終的な答えが同じでも、「他人から指摘された答え」か「自分で見つけた答え」かによって、やる気は大きく変わります。

例えば、「上司に資格を取れといわれたので勉強している」よりも「〇〇の知識をつけたいから、〇〇の資格勉強をしている」ほうがモチベーションを維持できるでしょう。人間は「自分で選択したい」本能を持っているからです。

コーチングを受けた相談者は「自分で考えて選んだ」という感覚が生まれ、モチベーションを高められます。

キャリアコーチングを受けるときに注意するべきこと

コーチングを受けるときに注意するべきこと

コーチングを受けることで得られるメリットを解説してきましたが、注意するべきことにはどういったものがあるのでしょうか。

ここからはコーチングを受けるときに注意すべきことを見ていきましょう。

コーチに頼り切りでは効果がない

コーチ任せで頼り切っている状態だと効果は得られません。

あくまで、コーチは相談者をサポートする存在です。コーチが質問を投げて、相談者が質問の答えを見つけるために自己対話するのが重要です。

目標を達成できない原因のひとつが、過去の経験から「自分はできない」と無意識に思考停止することです。そのため自己対話をして自身の弱い部分やトラウマ、欠点に向き合い価値観を変えていきます。

求人を紹介してくれるわけではない

キャリアコーチングでは、基本的に求人の紹介を受けられません。キャリアコーチングは相談者のキャリア設計をサポートするもので、キャリアアップするための転職先を見つけるのは相談者自身です。

転職したい

条件のいい仕事を知りたい

こういった方には向いていないでしょう。

転職エージェントと連携しているキャリアコーチングもありますが、基本的には相談する内容や効果は異なります。

キャリア設計のサポートを受けながら転職を目指す場合、キャリアコーチングと転職エージェントを併用しましょう。

コーチとの信頼関係が重要

コーチと相談者が信頼関係を築けるかにより、効果が左右されます。

コーチがコーチングの知識を持っていたり実績が豊富なだけでなく、コーチと相談者の相性がいいことが重要です。

コーチと会話が弾まない場合や自己開示ができない場合は、コーチと相談者に心の壁ができてすれ違いが起こり、効果を得ることが難しくなります。

そのため、コーチングの申し込みをする前に、体験や無料相談を受けて実際にコーチとお話して相性を確認しましょう。コーチと相談者がお互いを理解しあうことができ、深い信頼を築ける関係性が望ましいです。

キャリアコーチングの効果を上げるためのポイント

コーチングの効果を上げるためのポイント

せっかくキャリアコーチングを受けるのであれば、効果を最大限に高めたい方が多いかと思います。

ここからはキャリアコーチングの効果を上げるためのポイントを見ていきましょう。

行動の方針などを自分で決めて行動する

自分で行動の方針を決めて、自主的に行動することが重要です。

目標を”いつまでに” ”どうやって”達成するか決めると、具体的な行動計画が明確になります。

そして、決めたとおりに行動しましょう。

実際に行動すると予想外の事態が起きます。そのときに自分のやりがちな行動や思考と向き合うことで、自分の新しい側面に気づけます。

コーチングは、コーチが行動計画を決めてそのとおりに行動するのではなく、コーチからサポートを受けて自主的に行動することです。セッションを行うと「自分がステップアップしている」と感じますが、セッション自体に意味があるわけではありません。

つまり、「会社にコーチングを受けた方がいいと指摘をもらって、コーチングを受けに来た」ような受動的な方だと効果は出にくいでしょう。

疑問や違和感を感じたらすぐに質問する

セッション中に疑問や違和感を感じたら、遠慮せずにコーチに質問しましょう。

よい質問は、「〇〇した方がいいですか?」という漠然とした質問よりも「いまのお話を聞いて〇〇だと思ったのですが、認識はあっていますか?」というように自分の頭で1回考えたうえでの質問です。

いまのお話を聞いて〇〇だと思ったのですが、認識はあっていますか?

これを行うことで、コーチは相談者が理解していないところを把握できます。そして必要に応じて説明を追加したり、セッションの内容や進行を修正できます。

違和感を感じているにもかかわらず自己完結したり、黙って抱え込むのは避けましょう。これを続けると、モヤモヤしたままセッションが進みセッションに集中できなくなります。最終的にはコーチと相談者に心の壁ができて、目標を達成できなくなる恐れがあります。

自分にあったコーチを選ぶ

自分にあった相性がいいコーチを選ぶことが重要です。

コーチと相談者の相性によって信頼関係に大きな影響が出て、効果が左右されます。

コーチといっても人それぞれ考え方や声のトーン、距離の詰め方、話し方が変わってきます。

これらの要素は、実際に会ってみないと把握できません。

そのため、実際にコーチと会い会話をしてみて選ぶのがおすすめです。コーチングの公式サイトの文面だけ読んでコーチングを申し込むのではなく「体験セッション」を受けてから申し込みましょう。

コーチの選び方をより詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

poten「もう失敗しない!コーチングの選び方で大切な7つのこと!」

キャリアコーチングの効果を最大限に活かそう!

キャリアコーチングはpotenコーチングがおすすめ

この記事のまとめは以下のとおりです。

  • キャリアコーチングを受けた方がいい人は「自分のやりたいことがわからない人」「適職がわからない人」
  • キャリアコーチングを受けない方がいい人は「やりたいことややるべきことが明確な人」
  • キャリアコーチングは「自身の気づけていない部分に気づける」「モチベーション維持できる」効果がある
  • 効果を高めるには「自発的に行動する」「相性のいいコーチを選ぶ」が重要

キャリアコーチングでは、自分の新たな一面ややりたいことを見つけ、より良いキャリアを歩む手がかりを得られます。

しかし、キャリアコーチングに向いている人と向いていない人がいるため、自分はどちらのタイプか判断することが重要です。自分の軸を把握して、自分のキャリアプランをこれから見つけていきたい方はキャリアコーチングを受けることをおすすめします。

自分と相性のいいコーチを選び、分からないことや不安なことを相談することで、自分にとっての最高のキャリアを探りましょう。

potenコーチングでは、20代30代向けに実施しているキャリアに特化したコーチングです。目標達成するまで、あなたの強みや弱点にアプローチしながら1on1でサポートします。

こまめにセッションや目標設定、課題の整理、行動計画を実施するため、継続力に不安な方にもおすすめです。

最短1分で個別無料相談の申し込みができます。無料相談を受けることでコーチとの相性も分かり、より効果が高まるでしょう。気になる方はぜひ一度ご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (7件)

コメントする

目次